肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2014.04.25 
学校給食で牛乳中止 日本栄養士会が反論一覧へ

 先月、新潟県三条市が平成26年12月から3月までの4か月間、市内の全30小中学校で試験的に学校給食での牛乳を中止することを決めたことに対し、日本栄養士会が4月24日、「児童生徒に一層のカルシウム不足を招くおそれがある」などとした見解を発表した。

 同市では20年から完全米飯給食を実施しているが、市の給食運営員会ではかねてから「ご飯食に牛乳は合わない」などとして、給食での牛乳供給を中止しようという意見が出されていた。さらに、25年12月に和食がユネスコの無形文化遺産に登録されたことをうけ、試験的な一時停止を決めたという。
 これに対し、全国の管理栄養士などでつくる日本栄養士会は、「学校給食での牛乳の提供をやめることには、いろいろな角度から慎重に考えるべき」とする見解を出した。
 見解では、学校給食での牛乳の提供は、学校給食法で、適切な栄養摂取、健全な食生活、伝統的な食文化への理解を深めること、食料の生産・流通・消費を正しく理解すること、などと定められた7つの目標に合致しており、そのいずれとも相反しないことを説明。そのなかでは、「和食の良さは、米飯を主食にどの食材も組み合わせができるという幅広さ」にあり、牛乳の提供は「和食の推進とは、相容れないものではない」としている。
 また、これまで牛乳の提供が「日本人の体力、体位の向上に大きく役立ってきた」こと、「命の大切さや生産者の苦労に対する感謝の気持ちを育む教育」を行うための「身近で有効な教材として活用」されていることを紹介するとともに、学校給食がない日の児童生徒のカルシウム摂取量が基準よりも3〜5割不足しているとの調査をもとに、「児童生徒に一層のカルシウム不足を招くおそれがる」と指摘している。


(関連記事)

5月31日 牛乳と食文化を考えるフォーラム(2014.04.23)

【わがJA 一品厳選】[2]ナタネ油・ヒマワリ油(JAあづみくらしの助け合いネットワーク「あんしん」・長野)(2014.04.17)

都市農業こそ農の価値発信を JA全中がシンポ(2014.03.13)

国会決議実現と基本農政確立で決議 全中総会(2014.03.10)

2月28日、福岡で都市農業シンポ JA全中(2014.01.20)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ