肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2017.01.19 
ジビエメニュー取扱い店舗増 ジェイアール東日本フードビジネス(株)一覧へ

 1月17日に東京都内で開かれた「第1回ジビエ料理コンテスト」。エキナカでファストフードチェーンを展開するジェイアール東日本フードビジネス(株)では2011年度からジビエを取り入れたメニューを展開し、順調に認知が広がっている。

 同社は地域再発見プロジェクトの取り組みの一環として2011年度から鳥獣被害対策で調達したジビエ(野生鳥獣の肉)をメニューに取り入れ、消費者の嗜好にあわせて販売している。
 始まりは東京駅、上野駅などのエキナカのファストフードチェーン3店舗で約8500食を販売。13年度には49店舗で約2万7000食、15年度には70店舗で約4万4000食と、販売店舗などが増加している。
 取締役の佐野正人氏はプロジェクトの一環として取り組むジビエメニューのきっかけは、国産ジビエ流通規格検討協議会の藤木徳彦会長だったと話す。「シェフでもある藤木会長からサンプルとしていただいた料理が非常においしかった。ジビエは非常に魅力的な食材で、お客様は日常の中でなかなか触れる機会がない。初めて食べる経験の楽しさを提供したいと思った」と語る。特に人気なのは、とっつきやすさを感じる「バーガー」商品だという。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ