肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2017.07.05 
飼養頭数肉用牛・豚・鶏は増、乳用牛は減一覧へ

農水省「畜産統計」

 農水省は7月4日、平成29年2月1日現在の「畜産統計」を公表した。

 これによると、乳用牛の飼養頭数は前年より減少し、肉用牛、豚、採卵鶏およびブロイラーの飼養頭羽数は増加している。畜種別の概要は以下の通り。

【乳用牛】
 飼養戸数は前年より600戸(3.5%)減少して、1万6400戸。飼養頭数は同2万2000頭(1.6%)減の132万3000頭となった。1戸当たり飼養頭数は80.7頭で、前年より1.6頭増加した。
 平成20年と比べると、飼養戸数は2万4400戸から1万6400戸へ8000戸減少。飼養頭数も153万3000頭から132万3000頭へ21万頭減少しているが、1戸当たり飼養頭数は62.8頭から80.7頭へ17.9頭増えている。

【肉用牛】
 飼養戸数は5万100戸と前年より1800戸(3.5%)減少した。飼養頭数は同2万頭(0.8%)増の249万9000頭。1戸当たり飼養頭数は同2.1頭増の49.9頭だった。
 平成20年の飼養戸数は8万400戸だったので、3万300戸減少している。飼養頭数は289万頭だったので39万1000頭減少しているが、1戸当たり飼養頭数は35.9頭から49.9頭へ14頭増加している。

【豚】
 飼養戸数は前年より160戸(3.3%)減り、4670戸となった。飼養頭数は同3万3000頭(0.4%)増加し、934万6000頭だった。この結果、1戸当たり飼養頭数は2001.3頭で、前年よりも73.1頭増加した。
 平成20年の飼養戸数は7230戸だったので、2560戸減少している。また、飼養頭数も974万5000頭から39万9000頭減少したが、1戸当たり飼養頭数は1348頭から2001頭へ653頭増加している。

【採卵鶏】
 飼養戸数は2350戸と前年より90戸(3.7%)減少した。飼養羽数は1億7636万6000羽で、同301万7000羽(1.7%)増加した。このうち成鶏メス(6か月齢以上)は1億3610万1000羽で前年よりも153万2000羽(1.1%)増加した。1戸当たり成鶏メス飼養羽数は5万7900羽で前年よりも2700羽増加した。
 平成20年と比べると、飼養戸数は3300戸から2350戸へ950戸減少。飼養羽数は1億8166万4000羽から529万8000羽減少、成鶏メイも1億4252万3000羽から642万2000羽減少している。1戸当たり成鶏メスの飼養羽数は4万3200羽から1万4700羽増の5万7900羽となっている。

【ブロイラー】
 飼養戸数は前年に比べて50戸(2.1%)減少し、2310戸。飼養羽数は同52万8000羽(0.4%)増の1億3492万3000羽となっている。1戸当たり飼養羽数は5万8400羽で、同1500羽増加した。
 また出荷戸数は2320戸と前年より40戸(1.7%)減少。出荷羽数は6億7771万3000羽で前年より1027万5000羽(1.5%)増加している。1戸当たり出荷羽数は29万2100羽で前年より9300羽増加している。
 なお、ブロイラーの飼養戸数。羽数、出荷戸数・羽数には出荷羽数が年間3000羽未満の飼養者を含まない。また、2月1日現在で飼養がない場合でも、前1年間に3000羽以上の出荷があれば出荷戸数に含めている。

(関連記事)
養豚除き畜産の農業所得増加 酪農・肉用牛・養豚・養鶏経営統計 (16.12.08)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ