肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2017.07.31 
磯分内工場に200億円の設備投資 雪印メグミルク一覧へ

 雪印メグミルク(株)は、7月28日開催の取締役会において、国産乳製品の製造拠点である北海道・磯分内工場に、200億円を設備投資することを決めた。

 この設備投資は、本年5月に公表した「雪印メグミルクグループ長期ビジョン2026」および「雪印メグミルクグループ中期経営計画2019」に基づき、北海道における生産体制を整備し、国産乳製品の安定的な生産により、事業競争基盤の強化を図ることを目的に実施する。
 磯分内工場は、1960年に操業を開始し、同社のバター、生クリームおよび脱脂粉乳を製造する主力工場として、その役割を担ってきた。
 既存の製造棟は狭く、老朽化も顕著で、設備運用上の制約が大きいため、将来に亘り生産機能を維持・強化するには建物および製造設備全般の刷新が必要となっていた。
 このたびの設備投資では、今後の新規製造ライン機能付与なども可能な建物レイアウトや、設備能力設定なども工夫するとともに、省人化をはじめ自動化設備等を活用して、生産の効率化を追及していく。
 ◎設備投資概要
1.所在地:北海道川上郡標茶町字熊牛原野15線東1-3
2.投資内容
 ▽バター製造等に関わる新棟の建設(事務・厚生設備、生乳受け入れ設備等を含む)
 ▽ユーティリティ設備に関わる新棟等の建設(ボイラ、受配電設備、冷凍機、用排水処理設備等を含む)
3.投資額:約200億円
4.延床面積(投資後):約29.000平方m(うち、新設分約23.000平方m)
5.新棟での生産品目:バター、生クリーム、脱脂濃縮乳
6.生乳処理能力:210.000トン/年
7.稼働開始予定:2020年度下期。

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ