肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2017.08.03 
飼料用米活用畜産物ブランド 日本一コンテスト一覧へ

 (一社)日本養豚協会は飼料用米を活用した畜産物のブランド化による販売促進に取り組む畜産事業者を表彰する「飼料用米活用畜産物日本一コンテスト」を開催する。

 応募要件は▽飼料用米を活用した畜産物をブランド化し販売している畜産事業者、▽飼料用米の給餌割合が一定であることとなっている。
 具体的な給餌割合は畜産物に給与される年間飼料総数量に占める飼料用米の割合が▽採卵鶏、ブロイラー、養豚=5%、▽乳牛=3%、▽肉牛=1%で、年間の飼料用米供給実績が1t以上が条件。
 審査基準は▽販路の確保(安定的な販路確保と販売の実施)、▽耕畜連携の取組(耕種農家との連携体制の構築など)、▽付加価値の向上(高付加価値化による販売額の増加等)。
 応募期間は平成29年8月1日から11月末日。審査は来年1月から2月に実施され、3月上旬に表彰式が行われる。
 詳細は日本養豚協会ホームページで。http://pig.lin.gr.jp

(関連記事)

飼料用米生産を呼びかけ-飼料業界(17.03.31)

「お米育ち豚」の飼料用米配合比率15%に コープネット(17.03.28)

28年度飼料用米 日本一は10a932kg(17.03.06)

今年の研究成果10大トピックス 飼料用米に適した「オオナリ」など(16.12.21)

農業競争力強化プログラム(9~13)(下)「飼料用米」「牛乳、乳製品の生産、流通」等(16.11.25)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ