肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2018.03.05 
部分水素添加油脂不使用のマーガリン類を発売 雪印メグミルク一覧へ

 雪印メグミルク(株)(本社:東京都新宿区、西尾啓治社長)は、家庭用のマーガリン類・ショートニングのすべての商品について、2018年3月よりトランス脂肪酸を多く含む部分水素添加油脂を使用しない配合に変更し、全国発売する。

 部分水素添加油脂とは、原料油脂の一部に水素を添加して、硬さや融点を調整したトランス脂肪酸を多く含む油脂のこと。マーガリン類の原料としてだけではなく、さまざまな食品に使用されている。
 2015年6月、米国のFDA(米国食品医薬品庁)は、トランス脂肪酸を多く含む部分水素添加油脂は、GRAS(従来から使われており安全が確認されている物質)ではないとして、食品に使用するためにはFDAの承認が新たに必要(2018年6月から)と決定した。
 同社ではこの決定を受け、家庭用マーガリン類・ショートニングのすべての商品の原料油脂に、部分水素添加油脂を使用しない配合を実現し、リニューアル販売することにしたものだ。
 マーガリンやファットスプレッドなどの加工油脂食品類は、食生活を豊かにする重要な食品であり、体の構成要素やエネルギー源としても重要だ。
さらに、ビタミンA,D、Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を促すなど、生体維持にも重要な役割を果たしている。
 同社は部分水素添加油脂を使用しなくても「風味のよさ」や「ぬりやすさ」を維持した高品質の商品を開発した。
 また昨今の食生活において、飽和脂肪酸やコレステロールの摂りすぎによる健康影響が指摘されているが、同社独自の「油脂加工技術」や「油脂配合技術」により、「飽和脂肪酸」の低含有量化を実現し、引き続き「コレストロールゼロ」の訴求が可能な商品改良を実現したものだ.
 「ネオソフト コクのあるバター風味」(280g)の希望小売価格は290円、「ネオソフトハーフ」(160g)は220円(共に税別)。「ネオソフト キャノーラハーフ」、「ネオソフト べに花」、「バター仕立てのマーガリン」も同様、3月上旬以降順次発売される。

 

(関連記事)
調理時間約1分「かんたん!マッシュポテト」新発売(18.01.25)
食味に優れた極早生枝豆「神風香」新発売 雪印種苗(18.01.23)
平昌五輪スキージャンプに伊東・小林両選手出場 雪印メグミルク(18.01.12)
ガセリ菌SP株摂取でインフルエンザを予防 雪印メグミルク(17.12.22)
「重ねドルチェ りんごと紅茶のレアチーズ」発売 雪印メグミルク(17.12.12)
チョコとコーヒーをコラボした雪印コーヒー新発売 雪印メグミルク(17.12.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ