肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2018.04.04 
家畜慢性疾病対策で全国会議一覧へ

・養豚場での流行性下痢など最新情報共有へ

 農林水産省は4月26日、「第2回家畜慢性疾病対策推進全国会議」を都内で開催する。

 近年、特に養豚農場では、豚繁殖・呼吸障害症候群(PRRS)や豚流行性下痢(PED)などの慢性疾病改善による生産性向上が課題となっている。会議は地域で行われている慢性疾病対策の取り組みを全国レベルで情報共有し、関係者間での意見交換を進めることで、同対策の強化推進を図るのが狙い。会場や議事内容などの概要は次の通り。
○日時:4月26日午前9時30分から午後2時30分まで。
○会場:TKP赤坂駅カンファレンスセンター(港区赤坂2-14-27国際新赤坂ビル東館14階)
○議事
(1)慢性疾病対策へのデータ活用について
(2)食肉衛生検査所のデータ活用について
(3)地域での慢性疾病対策の取り組みについて
○傍聴可能人数:約30名。
○傍聴申込方法:インターネットまたはFAXによる。
▽インターネット申込先:「第2回家畜慢性疾病対策推進全国会議」の一般傍聴について
▽FAX申込先:同省動物衛生課防疫企画班宛て。
 ・FAX番号:03-5512-2293。
 ・申し込み用紙の入手先:「第2回家畜慢性疾病対策推進全国会議」の開催及び一般傍聴について
○申込締切:4月13日、午後5時必着。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ