肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2018.05.11 
チーズ、ヨーグルト等好調で増収増益 雪印メグミルク一覧へ

・2017年度決算

 雪印メグミルク(株)は、5月10日に「2018年3月期決算説明会」を行った。

西尾啓治・雪印メグミルク代表取締役社長 18年3月期の連結売上高は5961億円で、17年3月期より82億円増(+1.4%)。営業利益は193億円(同+3.3%)、経常利益209億円(同+3.6%)で、純利益(親会社株主に帰属する当期純利益)は133億円(同+3.1%)と、増収増益となった。
 事業別にみると、乳製品は家飲み需要の継続でチーズの販売が好調で増収増益。市乳はガゼリ菌SP株ヨーグルトの販売が好調で減収増益。ニュートリションは機能性食品の売上げが拡大し増収に。飼料・種苗は配合飼料の販売価格上昇などで増収増益だった。
 西尾哲治同社社長(=写真)は「食品業界では節約の動きが継続してみられる一方で、機能を訴求した商品を求める動きも強まるなど、消費者の価値観が多様化するなかでさまざまな需要が生まれている」と、現在の食品業界を分析。そうした経営環境下で、雪印メググループは「グループ中期経営計画2019」に基づき、経営基盤の複数化、キャッシュフロー最大化に取組んできたが「中期経営計画の初年度として順調なスタートをきった」と語った。
 また西尾社長は、連結子会社の雪印種苗(株)の種苗法違反問題について「大変ご迷惑とご心配をおかけしました。心よりお詫び申し上げます」と述べ、「今後、再発防止とともに、当社グループ全体のコンプライアンス強化に改めて取り組んでいく」と語った。この問題についていくつかの質問があったが、「本日は決算説明会であり、付帯的な事実関係は、4月27日に公表された第三者委員会の『報告書』を参照して欲しい」ということで一切説明はされなかった。

 

(関連記事)
西馬場氏が副社長に 雪印メグミルク(18.05.11)
日常的に行われていた偽装表示 雪印種苗(18.05.10)
部分水素添加油脂不使用のマーガリン類を発売 雪印メグミルク(18.03.05)
調理時間約1分「かんたん!マッシュポテト」新発売(18.01.25)
ガセリ菌SP株摂取でインフルエンザを予防 雪印メグミルク(17.12.22)
「重ねドルチェ りんごと紅茶のレアチーズ」発売 雪印メグミルク(17.12.12)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ