肉・卵・乳製品 ニュース詳細

2018.05.19 
国産ジビエ認証制度を制定一覧へ

・利用拡大へ消費者への安全・安心を確保
・安全ジビエの認証 普及拡大へ

 農林水産省は5月18日、捕獲した野生のシカとイノシシを処理する食肉処理施設の認証を行う「国産ジビエ認証制度」を制定した

安全ジビエ認証マーク 捕獲した野生のシカとイノシシを利用した食肉である「ジビエ」の利用拡大のためには、流通するジビエの安全性の向上と透明性の確保を図り、消費者から信頼されることが必要だ。このため農水省では、昨年度に、捕獲から流通に至る幅広い有識者からなる「国産ジビエ認証制度制定に関する専門委員会」を設置し、衛生管理基準や認証体制などの検討を行ってきた。
 さらに委員会の検討を踏まえて、広く国民からの意見も募集し、検討を重ねた結果、国産ジビエ認証制度を制定した。
 この制度は、食肉処理施設の自主的な衛生管理などを推進することで、より安全なジビエの提供と消費者のジビエに対する安心の確保を図ることを目的としており、衛生管理基準、カットチャートによる流通規格の遵守、適切なラベル表示によるトレーサビリティの確保などに取り組む食肉処理施設の認証を行うもの。
 詳細は「国産ジビエ認証制度」の制定についてから見ることができる。

 

(関連記事)
ジビエ「もう一度食べたい」7割超す(18.03.25)
ジビエ利用モデル17地区を選定(18.03.10)
鳥獣被害対策優良活動で表彰式、農水省(18.02.19)
ジビエ利用量1000t-農水省(18.02.15)
鳥獣被害約172億円 28年度(18.01.22)
鹿肉バーガーを期間限定販売-ロイヤルHD(17.10.05)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ