JAの活動 ニュース詳細

2016.03.02 
福島県 新4JA発足 式典と新たなスタートへ意気込み一覧へ

 3月1日、福島県内にあった17JAは新4JA発足によりJA東西しらかわを含めた5JAとなった。当日行われた各JAの式典とこれからの意気込みについて掲載する。

 合併は平成24年11月に開かれた第38回JA福島大会で決議された。また新生4JAの基本方針や重点課題、目標の確立のため第39回JA福島大会が開かれた。
 県内4JA構想は、東日本大震災と東京電力福島第一原子力発電所事故からの早期復興、組合員の営農とくらしに貢献することを使命とした「JAグループ福島の新たな組織体制の実現」の決議に基づくもの。

【JAふくしま未来】
JAふくしま未来 菅野孝志代表理事組合長はオープニングセレモニーで「東日本でも有数の広域JAとしてスケールメリットを生かし、『本気力』を持った事業運営で組合員や地域に還元していきたい」と挨拶した。
 「未来への 心をつなぐ パートナー "農をはぐくみ 地域をつなぐ"」を経営理念に掲げ、笑顔あふれる地域づくりに向けてスタートした。

【JA福島さくら】
JA福島さくら 結城政美代表理事組合長は、経営理念に掲げた「農業の振興と地域社会への貢献~緑の輝き・地域の輝き~」、並びに経営方針に掲げた「より身近に、より信頼されるJAづくりの実践」を着実にすすめていきたいとコメントした。

【JA夢みなみ】
JA夢みなみ 「地域の懸け橋」を新JAのキャッチコピーとし、新たなスタートを切った。
 橋本正和代表理事組合長は、日本農業がTPPや農協改革など国内外で重大な転換期にあり、また福島県の農産物の風評被害も払拭されてない現状にあると話した。同JA管内は野菜・果樹・畜産のバランスのとれた農業地帯であり、「旧JAの持つブランド力を有機的に結合しながら、JA夢みなみのブランドを確立していきたい」とあいさつした。

【JA会津よつば】
JA会津よつば 長谷川一雄代表理事組合長は記念式典で「新JAの基本理念は、会津の豊かな自然と文化を守り、夢と活力ある農業と、安心して暮らせる地域社会の実現である。新生JAの役職員として知恵と協調をもって、速やかに一体感の持てる態勢を構築しなければならない」とあいさつの中で述べた。
(写真)各JAで行われた式典のテープカットと代表理事組合長の挨拶

(関連記事)

【人事速報】JAふくしま未来(福島県)新組合長に菅野孝志氏 (16.03.02)

【人事速報】JA福島さくら(福島県)新組合長に結城政美氏 (16.03.02)

【人事速報】JA夢みなみ(福島県)新組合長に橋本正和氏 (16.03.02)

【人事速報】JA会津よつば(福島県)新組合長に長谷川一雄氏 (16.03.02)

「震災復興と未来につなぐ協同の実践」目指し 福島で新4JA 発足 (16.03.01)

福島県 来年3月新4JAへ 16JAが合併合意 (15.11.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ