JAの活動 ニュース詳細

2017.04.20 
JAビルの田んぼで田植え一覧へ

 東京の大手町で、一足早い田植えが始まった。といってもJAビル4階にあるスカイガーデンの40平方mほどの小さな”田んぼ”でのこと。4月19日、この日の東京地方は晴天で、絶好の”田植え日和り”。JA全中の職員らが、慣れない手付きで軽い汗をかいた。

ビルの谷間で田植えするJA職員 植えた稲は、3月10日に種まきして育てた「中生新千本」(ナカテシンセンボン)。昨年より1日早い田植えとなったが、スカイガーデンの田んぼは、南側にビルがあり、日照に難があるため、関東南部の平地の田植えよりやや早くなっている。順調に育てば、10月下旬に稲刈りの見込み。
(写真)ビルの谷間で田植えするJA職員

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ