JAの活動 ニュース詳細

2017.04.20 
JAしまね 金芽米で健康増進へ 東洋ライスと業務提携一覧へ

 島根県のJAしまねは東洋ライスと業務提携し、金芽米を中心とする「健康長寿しまね」創造をめざした事業に取り組む。農家が生産した米を自家消費用の金芽米に加工し、生産者に食べてもらう。JAと精米業者によるこうした連携は全国でもはじめて。

包括連携協定の調印式の臨むJAしまね竹下組合長(左から2人目)と東洋ライスの雑賀慶二代表取締役(同3人目) 金芽米は、米の糠(ぬか)の一部を残した米で、精製白米に比べ、人間の自然免疫を活性化させるLPS(リポポリサッカライド)という成分を6倍近く含んでいる。JAしまねでは、東洋ライスとの連携によって、農家が生産した米を金芽米として自家消費用に加工し、県が進めている「健康長寿しまね」創造の運動につなげる。
 つまり生産者は、自分の米を金芽米に加工してもらい、引き取って自家用に回すことができる。28年度は50件で5t、29年度100件で25tの加工を計画している。また、今年から、島根県産の米を金芽米に加工し、中国5県でも販売する予定で、29年度の供給は340tを見込む。
 19日、締結した協定は包括協定で、金芽米の加工だけでなく、(1)健康フォーラムイベントなど「コメと健康」に関する地域住民への啓蒙活動、(2)島根県米「きぬむすめ」などを東洋ライスに複数年契約で安定供給するなど、幅広い連携内容となっている。
 米は、30年産から、行政による生産調整目標の配分がなくなるが、これによってJAしまねは、「健康長寿しまね」の創造をめざして米の価値を見直し、生産農家の意欲の向上を促すとともに、産地と消費地が結びついた取り組みを強化する。同JAは学校給食や病院、福祉介護施設などとの取引拡大も見込んでいる。
 金芽米の製造ラインは、今月、同JAやすぎ地区本部の精米センターに新設。同センターは、1996年から東洋ライスのBG無洗米機を導入し、研ぎ汁による水質汚染を防いできた。また同社は、すでに島根県産米を使って金芽米や玄米の表面を覆っている蝋(ろう)層を均一に削除する「金芽ロウカット玄米」を販売しており、これが今回の総括連携協定の下地になった。
(写真)包括連携協定の調印式の臨むJAしまね竹下組合長(左から2人目)と東洋ライスの雑賀慶二代表取締役(同3人目)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ