JAの活動 ニュース詳細

2017.07.07 
JR大阪駅で「和歌山の実り」開催 JA全農とJR西日本一覧へ

 JA全農はJR西日本グループと地域振興協定を結び、JR大阪駅アトリウム広場で「JA大阪駅みのりみのるマルシェ」を毎年開催しているが、7月8日に本年度初となる「和歌山実り」を開催する。

生産者が農産物への想いなどを伝える このマルシェは平成27年から実施され今回が22回目となる。マルシェの目的は、「生産者と生活者が互いを想い、食と農を通じて共感すべく、TACや生産者が地域の農産物、それを育む地域の歴史や文化、生産者の想いなどを伝える」ことにある。
 今回は7月8日、9日の2日間の11時から18時(売り切れ次第終了)、大阪駅ノースゲートビル2階「アトリウム広場で、
「和歌山の実り」として、和歌山県産のモモ、スモモ、ブドウ、早生ミカン、新鮮な野菜や特産加工品の販売・紹介を行う。
和歌山のモモ・白鳳 また、地域振興に向けた取り組みとして、「Iターン・Uターンブース」を設け、農業体験ツアーなども企画しているが、今回は、モモの生産者を訪れ収穫体験する「つくり手を訪ねるツアー」の募集と、行政と連携した「就農支援ブース」を設けて紹介している。
 なお、今後の予定は図の通り。

nous1707070303.gif

(写真上から)生産者が農産物への想いなどを伝える、和歌山のモモ・白鳳、今後のスケジュール

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ