JAの活動 ニュース詳細

2017.07.28 
無我夢中で走った2年-JA全中・奥野会長一覧へ

 JA全中の奥野会長は7月28日、理事会後に会長として最後の記者会見に臨んだ。2年間を振り返り「本当に忙しく働いた。無我夢中で走ってきたと思う」などと述べた。

最後の記者会見に臨んだJA全中・奥野会長 会見では「2年間は長いようで短いという思いがする。光陰矢の如しというが本当に忙しく働いた。無我夢中で走ってきた2年ではなかったかと思う。この役についてありがたかったのはいろいろな方に会ったこと。非常にハッピーだった。ただ、どの場面でも一期一会のつもりで一生懸命に誠意を示そうとやってきた自負ある」と振り返った。
 退任する森永副会長も「会長を先頭に日本全国の組合員、組織のため全力で走ってきた。いろいろな課題を抱えているが全中には1つ1つ改革していくことを願う」と述べた。田波副会長は「引き続き理事として残るので会長の思いを引き継いでいかなければならない」と述べた。
 2年間の実績については自ら評価するものではないとして「ただ一生懸命にその時、その時の事態に対処してきたとはいえるが、その結果は後の人、回りの人が評価する」と話した。
 日欧EPA交渉の大枠合意については「われわれがどう対処するか。とくに酪農関係の強化が必要」と述べ、生乳生産の減少が懸念されるなか生産基盤の強化に向けて「どう増頭していくかなど、酪農経営の合理化に尽きる」と課題を指摘した。
 また、この日、冷凍牛肉のセーフガードが発動される見通しとなったが、「海外に攻めていける農産物をつくっていくことがわれわれの理想。しかし、畜産の規模が違う。守り育てていくにはセーフガードは必要」と制度の意義を訴えた。
 米の先物取引については「日本の主食である米を投機の対象にしてはならない。金余りの日本で投機筋が走ることは十分に考えられる」と上場反対の考えを強調した。
 そのほか自民党の小泉農林部会長については「国家の基本である農業についてまだまだ勉強してもらいたい」などと話した。
 後任の中家新会長については「この3年間、一緒に理事会で協議をしてきた。やらねばならない諸課題については十分にご承知。特別に言うこともないと思っている」と述べるとともに「彼は中央協同組合学園の第1期生。18歳のときから協同組合精神を勉強されてきた方。しっかり運営してくれると思う」と期待を寄せた。
 また、今後も全中と各全国連による統一広報体制をしっかり構築することの重要性を指摘した。

(写真)最後の記者会見に臨む奥野会長、森永利幸副会長(写真右)、田波俊明副会長(写真左)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ