JAの活動 ニュース詳細

2017.08.08 
東京で飛騨フェア JAひだが29日から一覧へ

 岐阜県JAひだは8月29~9月3日まで、東京都渋谷区代々木のJA東京アグリパークで「飛騨まるごとフェア」を開く。飛騨地方特産の飛騨牛、「飛騨こしひかり」のほかトマト、ホウレンソウなどの野菜や加工品を販売する。

 高冷地の飛騨地方は夏野菜の産地であり、また飛騨牛の産地としても知られる。これら産品を東京で一堂に集めるイベントは、同JAとして初めて。飛騨牛の弁当や握り寿司、牛乳、アイスクリーム、さらに夏イチゴのイチゴミルクやホウレンソウのスムージーなども販売。別部屋で商談もできる。
 フェア会場のJA東京アグリパークは、東京を含め全国のJAと連携し、週替わりでのイベントや農業体験、料理教室、地元食材の料理販売などを行なう施設で今年4月にオープンした。新宿駅に近く、東京都内だけでなく、全国のJAの利用が増えている。

(関連記事)

【JA人事】JAひだ(岐阜県)(6月23日)(17.06.27)

【JAトップアンケート】JAひだ 駒屋廣行代表理事組合長 「生産者組織の一層の成熟を」(15.11.18)

【JA 人と事業2015】駒屋 廣行・JAひだ代表理事組合長 広域合併の成果着実に(15.06.01)

トマトのブランド力向上へ JAひだ(12.08.16)

儲かる農業めざして JAひだ(12.04.19)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ