JAの活動 ニュース詳細

2017.09.06 
自己改革達成に決意 中家全中会長就任パーティ一覧へ

 JA全中は5日、中家徹会長の就任披露パーティを東京都内のホテルで開いた。JAグループや生協などの役職員、国会議員など約500人が出席。中家会長は「全国からJAが無くては困ると言われるように、自己改革に全力を挙げて取り組む」と決意を述べた。

あいさつする中家徹会長(中央)と須藤正敏副会長(向かって左)、金原壽秀副会長(写真)あいさつする中家徹会長(中央)と須藤正敏副会長(向かって左)、金原壽秀副会長

 自己改革のため、中家会長は特にJA役職員の意識改革と、JAグループの結束を強調。「役職員が意識を持って自己改革に取り組むことで、JAへの求心力が高まり、協同組合本来の姿に立ち戻るチャンス。この難局を乗り越えるには、中央会を結集軸としてJAグループ一丸となって取り組まなければならない」と、全中の役目を強調した。
 出席した齋藤健農水大臣は、予想される人口減少を前提に、これからの日本の農業は、海外輸出、付加価値を高める流通加工への取り組みの必要性を延べ、香港で人気の日本企業によるおにぎりチェーン店の例を紹介。これを単なる事例とみるか、積極的に評価するか。「その見方によって日本の農業の将来が分かれる。広い視点が必要で、新しいチャレンジには政府として積極的に応援する」と激励した。
 このほか自民党の二階俊博幹事長や西川公也農林・食料戦略調査会会長、公明党の山口那津男代表、日本生協連の本田英一会長、経団連の榊原定征会長が祝辞を述べた。

(関連記事)


組合員にどう対応するか 期限付き「農協改革」を踏まえてーJA全中・(一社)JC総研がフォーラム(17.08.24)


【顔写真・略歴入り】JA全中の新常勤役員(17.08.21)


中家徹JA全中会長が就任記者会見(17.08.10)


齋藤農相就任で全中の奥野会長が談話(17.08.04)


無我夢中で走った2年-JA全中・奥野会長(17.07.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ