JAの活動 ニュース詳細

2017.09.07 
直接支払交付金廃止の代わりを 中家全中会長一覧へ

 JA全中の中家徹会長は9月6日、会長就任後初の定例の記者会見を行った。

記者会見する中家JA全中会長 この会見で中家会長は、平成30年度の農林水産省予算概算要求について、「シーリング一杯の額で評価するが、廃止予定の米の直接支払い交付金に対する農家の関心は高い。問題はその分の予算をどこに使うのか明らかにして欲しい」と述べた。また比嘉政浩専務は来年のJA全国大会について、「定例の10月開催にこだわらない」との考えを示した。
 また、准組合員については、「信用や共済事業の利用でJAの収支で大きなウエートを占めており、農業と地域振興にとって大きな力になっている。特に過疎地ではJAの事業は生活のインフラ機能を果たしている」として、単なるJAの利用者ではなく、「パートナーとして一緒にやっていく」と、准組合員の重要性を強調した。
 このほか、食料自給率が38%に下がったことについて「食料自給の重要性を消費者に訴えたい」、また規制改革推進会議等で俎上にあがっている卸売市場法の「改正」には「早期に検討して、対応を考える」と話した。
 次回のJA全国大会については、比嘉政浩専務は「新体制になり、開催時期と持ち方について、今年の10月ころから検討に入りたい」と述べた。

(写真)記者会見する中家JA全中会長

(関連記事)


組合員にどう対応するか 期限付き「農協改革」を踏まえてーJA全中・(一社)JC総研がフォーラム(17.08.24)


【顔写真・略歴入り】JA全中の新常勤役員(17.08.21)


JA全中(8月21日付け)-国際企画部を設置(17.08.18)


【JA全中 比嘉政浩専務理事に聞く】全組合員調査で結果を(17.08.14)


中家徹JA全中会長が就任記者会見(17.08.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ