JAの活動 ニュース詳細

2017.09.12 
食品ロスを考える JA全農がイベント一覧へ

 JA全農は、9月20日に、みのる食堂銀座三越店で食品ロスをテーマに「食を考えるナイト」開催する。

 このイベントは、食品ロス問題に取り組むゲストの話を聞きながら、旬の国産食材を使った料理や国産ワイン・日本酒・国産ストレートジュースを味わうもの。
 まだ食べられるのに捨てられる「食品ロス」が、日本では年間約621万㌧もある。日本人1人当たりに換算すると、毎日茶碗約1杯分のご飯を捨てていることになる。JA全農では食を大切にする立場からこのイベントを企画したという。

【イベントの概要】
日時:9月20日 18:00―20:00
場所:みのる食堂 銀座三越店
定員:40名
参加費:5000円(税込)
ゲスト:河合亮子(農水省食品産業局バイオマス循環資源課食品産業環境対策室長)、田中入馬(セカンド・ハーベスト ジャパン 政策提言と発展/マネージャー)
問合せ先:JA全農耕種総合対策部開発企画室
電話:03-6271-8156

(関連記事)

耕種農業の司令塔・耕種総合対策部 JA全農が機構改革(17.02.15)


【機構改革・人事異動】JA全農 4月1日付 輸出対策部を新設 営農販売企画部を耕種総合対策部に改称(17.02.07)


宴会食べ残し14.2% 平成27年度食品ロス・外食 農水省調査(16.03.15)


ノントレー包装機で省エネ・省資源・省食品ロスを実現 寺岡精工(15.05.27)


天気予報で食品ロス減らす 日本気象協会(14.10.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ