JAの活動 ニュース詳細

2017.11.10 
「有田みかん」フェア-JAビル一覧へ

 JAビル地下にあるJA全農の農産物直売所「いちごいちえ」で11月10日、和歌山フェアとして「有田みかん」の販売が行われた。

あいさつする三ッ橋会長(中央) JAありだ共選協議会会長でJAありだの三ツ橋伸二代表理事組合長は販売開始にあたって「和歌山県は日本でいちばんのみかんの生産量を誇る。天気が続き今年も生育は順調でした」とあいさつするとともに、「"ありた"ではなく"ありだ"です」とPRした。

 

 

(写真)あいさつする三ッ橋会長(中央)

 
 三ツ橋会長によると台風の影響も懸念されたが糖度も高く酸味もあるみかんが収穫できているという。
試食販売に大ぜいの人々が集まった 会場の「いちごいちえ」では試食販売と、店頭に持ち込まれた「みかん」の木からの収穫体験なども行われた。
 JAありだ共選協議会は13共選(JA直営3、任意共選10)が連携、協調し、有田みかんの消費拡大をはかり組合員の所得向上を目的に和歌山県農が事務局となって運営している。
 なお、JA全農は18、19日に銀座三越で「和歌山県 和歌山の実り」を開く。

(写真)試食販売に大ぜいの人々が集まった

(関連記事)

〔113〕粉山椒 【JAありだ(和歌山県)】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ