JAの活動 ニュース詳細

2017.12.01 
旬の食材で和食の基本を学ぶ一覧へ

・日本橋の老舗割烹「日本橋ゆかり」店主・野永さんから

 東京・大手町JAビル内の農業・農村ギャラリー“ミノーレ”では、千葉県産のいまが旬の農産物などを使った和食の基本を、日本橋の老舗割烹「日本橋ゆかり」三代目店主・野永喜三夫氏から学ぶ座学講座を行う。

 このイベントは、JA全農ちばから提供される、いまが旬のダイコン、ゴボウ、ニンジンを使い、▽ゴボウと豚肉の落花生和え、▽豚肉の筑前煮のレシピを紹介し、和食の基本を学んでもらうもの。

○日時:12月8日(金) 12:05~12:50
○場所:農業・農村ギャラリー"ミノーレ"(東京・大手町 JAビル内)

(関連記事)
「和食の日」にワークショップ 24日、農水省が都内で(17.11.15)
正月料理をテーマに 和食会議がセッション(17.11.24)
JA全中動静(2017/11/13~11/19)(17.11.21)
福島の「りんどう」でフラワーアレンジメント教室 大手町・ミノーレ(17.09.06)
〝焼肉の日〟〝やさいの日〟でイベント JAビル「ミノーレ」(17.08.25)
JAビル「ミノーレ」で福島夏野菜活用レシピを紹介 JA全中(17.08.21)

一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ