JAの活動 ニュース詳細

2017.12.01 
人材開発担当者のDiSCフォーラム開催 導入事例を発表する日本で唯一のフォーラム一覧へ

 農協協会でも普及推進をし、世界の多くの企業で導入されているている人材アセスメント(人材の客観的な測定ツール)「DiSC」についての知見を高め、情報を共有するための「アセスメントフォーラムTokyo2017」が、12月8日に都内で開催される。

DiSC研修風景 いま、職場の「働き方改革」を推進する有効な手段の一つとして注目されているのが人材アセスメントのDiSCだ。DiSCは客観的に測定した人材情報をもとに、職場と人材に関して具体的な解決方法が見つかると評価され、世界の多くのトップ企業で導入され、成果をあげてきている。
 (一社)農協協会では、「農協などの組織を強くするには、システムをつくって組織の機能を強くすることと、組織を構成する人たちを強くすることであり、人を強くする手段が研修だと考えている。そして、研修では、専門性を高める定型的研修も大事だが、それだけでは不十分であり、DiSCのような人をみていく非定型研修をすることで組織は強くなると考え、DiSC研修の普及に取組んでいる」(佐々木毅農協協会JA支援事業部長)。
 農協協会では、すでにいくつかのJAでの研修を行ってきているが、そのなかの一つで、階層別など3回にわたってDiSC研修を行っている茨城県のJA水戸(八木岡努組合長)について、雑誌「企業と人材」12月号がDiSC研修に取りくんだ意味や研修の具体的な内容、参加者の感想などを詳しく取材した記事が掲載されるなど、いま全国のJAからも注目されている。
 12月8日のフォーラムは、プロのコンサルタントと企業の人事担当者など200名が参加し、導入事例を発表する日本で唯一のフォーラムで、国内外の実践事例と最新情報が9つの分科会で共有されるが、農協協会の佐々木もパネラーとして登壇する予定となっている。

【「アセスメントフォーラムTokyo2017」の概要】

○日時:12月8日(金)12:30~18:00
○会場:TKPガーデンシティPremium神保町
○プログラム:
1)世界から学ぶ~基調講演
「Demystifying DiSC/DiSC の解明」―DiSC 行動モデルの理解と解説
・Keith Ayers氏(Integro Learning Company Pty Ltd会長兼CEO(オーストラリア))
2)アセスメント活用事例~テーマや業界毎の分科会形式
(パネルディスカッション)
企業人事と語る働き方改革と人材アセスメント
・キッコーマンビジネスサービス(株)
・ソフトバンク(株)
・ブリストル・マイヤーズ スクイブ(株)(勉強会)
Everything DiSC ワークプレイス基本セッションなど
○参加費:1万8000円(税込)

<特別講演>
日本国内の潮流を知る
「新しい日本型雇用モデルの創出に向けた働き方改革と人づくり革命」 伊藤禎則経済産業省産業人材政策室長
※この講演は誰でも無料で参加することが可能

 

(関連記事)
組合間連携 賀川豊彦を「要」に(17.11.16)
信頼される人間関係を構築 ―コミュニケーション力を向上させるDiSC研修(17.09.26)
円滑な人間関係をつくる ――職員力を高めるDiSC研修――(17.06.27)
DiSC研修とは? (16.08.03)
事業成長の要は人材に (16.07.08)
トップ企業でのDiSC活用例 (16.07.08)



一覧はこちら

 

このページの先頭へ

このページの先頭へ