JAの活動 ニュース詳細

2018.01.22 
サツマイモを北米に 焼き芋戦略拡大一覧へ

・茨城県JAなめがた

 “焼き芋販売戦略”で、サツマイモの生産・販売を飛躍的に伸ばしている茨城県JAなめがたがあらたにサツマイモの北米輸出を始めた。このサツマイモは、同JAのブランドである「紅優甘」(べにゆうか)で、焼き芋にすると粘りがあって食べやすく、冷えてもおいしいという特長がある。

カナダ向けサツマイモ輸出のセレモニー(写真)カナダ向けサツマイモ輸出のセレモニー

 

 第1陣は1月15日、800ケースをカナダに輸出した。冷凍焼き芋のアメリカ輸出も計画している。
 輸出に当たって、新たに専用のあらたな段ボールを作った。側面には「JAPANESE SWEET POTETO」(ジャパニーズ スイート ポテト)と書かれ、JAなめがたの位置が分かる日本地図も印刷してある。第1陣の輸出を記念して開いたセレモニーには棚谷保男組合長や同JA甘藷部会連絡会の箕輪秋雄会長ら役員、行方市の鈴木周也市長らが出席し、荷台にサツマイモ箱を満載したトラックの前で、初の輸出を祝った。
 サツマイモは神奈川県内の港から船で運ばれ、2週間ほどでカナダに着く。同JAは、サツマイモを生果だけでなく、焼き芋にして売る"焼き芋販売戦略"に取り組んでいる。このため、冬だけでなく年間を通じて供給できるよう、5000t貯蔵できるキュアリング定温貯蔵技術と、「紅まさり」、「紅こがね」なども加えた品種別のリレー栽培体系を確立しており、時期に応じて輸出する計画だ。
新たに作った輸出用の段ボール また、焼き芋の焼き方にもこだわり、甘藷部会連絡会が中心になって、もっとも美味しい焼き方、食べ方を品種ごとに確立し、電気オーブンを使ったスーパーでの店頭販売などを行い、焼き芋の魅力をPRしてきた。同時にサツマイモの品種、栽培方法など、焼き芋になるまでの工程管理を徹底してきた。
 こうした取り組みで、同JAのカンショは、280人ほどの生産者が約700haを栽培している。平成24年からこの水準を維持し、売り上げはこの数年右肩上がりで伸びており、平成28年度は35億円を超えた。こうした取り組みが評価され、JAなめがた甘藷部会連絡会は29年度農林水産祭の天皇杯を受賞している。
 輸出では、3年前からタイ、マレーシアなど東南アジアへの実績があり、今回の北米輸出への弾みになった。同JAは、「サツマイモの焼き芋での食べ方を提案し、世界共通語として『YAKIIMO』を広めたい」(棚谷組合長)と、"焼き芋販売戦略"の世界展開に自信を示す。
 また焼き芋だけでなく、食品企業と提携し、平成25年に「農業生産法人(株)なめがたしろはとファーム」を設立。規格外のサツマイモを利用し、大学芋やお菓子用ペーストなど、さまざまな商品をつくり、農家所得の向上につなげている。2020年の東京オリンピックをにらみ、農産物の国際認証である「グローバルGAP」の取得も視野に入れている。

(写真)新たに作った輸出用の段ボール

 

(関連記事)
【前半】焼き芋を武器に所得向上 JAなめがた(茨城県)(17.11.08)
茨城の農畜産物をアピール JAグループ茨城が商談会(17.11.02)
第33回 「焼き芋戦略」を中心にした農業6次産業化ビジネスの展開(17.10.29)
JAなめがた甘藷部会など7氏・団体に天皇杯ー29年度農林水産祭(17.10.19)
第39回農協人文化賞受賞者決定-7部門17名(17.05.24)
日本初! さつまいもの体験型テーマパーク「なめがたファーマーズヴィレッジ」(15.11.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ