JAの活動 ニュース詳細

2018.02.06 
卸売市場法改正・米政策の転換を議論 農協研究会一覧へ

 農業協同組合研究会(会長:梶井功東京農工大学名誉教授)は3月3日、東京都内で第27回研究会を開催する。テーマは「農産物流通・市場の変化に対応した農協販売事業の構築」。

 政府は「農業競争力強化プログラム」にもとづき、とくに農協の経済事業の改革を強調している。そのため、農協組織も自己改革を進めているが、今後はさらに卸売市場法改正や30年産から米政策の転換などが進められることにより、農産物流通・市場は制度的にも大きく変化することが予測されている。
 これは農協の販売事業に影響を及ぼすことは必至で、今後どのように対応していくかが重要な課題となる。今回の研究会は、そうした点について検討するために開催するもので研究会は広く参加を募っている。開催概要は次の通り。
 
【報告】
(1)「卸売市場法の改正と市場流通の展開方向」(藤島廣二・東京農業大学名誉教授、東京聖栄大学客員教授)
(2)「ユニオン・イズ・パワー-営農事業改革の取り組み」(阿部勝昭・JAいわて花巻代表理事組合長)
(3)「きくちのまんまで新たな夢への挑戦~組織の本丸は販売事業」(上村幸男・前JA熊本経済連会長、前JA菊池会長理事)
 *司会:原田康・協同組合懇話会代表幹事
 
【開催日時・場所】
○日時:3月3日(土)午後1時30分から5時30分
○場所:日本橋公会堂2階、第3・第4洋室(東京都中央区日本橋蛎殻町31-1、TEL:03-3666-4255)
○参加費:無料。ただし会員外は資料費として500円
○懇親会参加費:5000円
○申込み・問い合わせ先:農業協同組合研究会事務局(TEL:03-3639-1121)

 

(関連記事)
卸売市場法は弱者の砦(17.12.11)
卸売市場法は堅持 市場開設「認定制」に変更(17.12.08)
30年産米 需要とのマッチング 継続支援を-自民が政府に要請決める(17.11.28)
卸売市場 規制撤廃へ議論-規制改革会議(17.10.26)
【米生産・流通最前線2017】30年産問題ーどんなコメ「需要」に応えるのか?(17.08.07)
過剰作付ワースト1の挑戦・千葉県(17.04.03)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ