JAの活動 ニュース詳細

2018.02.07 
地方創生にJAの役割探る JC総研がシンポ一覧へ

 (一社)JC総研は2月27日、「今、ここからはじめる地方創生-農山村とJAの挑戦-」で、平成29年度のシンポジウムを開く。地方創生が政策目標に掲げられ3年が経過したなかで、あらためて地域づくりの「プロセス」に着目し、地域は何をすべきか、そこにJAはどう関わればよいのか、地方創生の新たなステージを展望する。

 シンポジウム2部からなり、それぞれのテーマ、講演内容は次の通り。
 
【第1部】
「何からはじめるべきか-ワークショップの可能性-」
▽講演=「ワークショップとは何か」(弘前大学准教授 平井太郎氏)
▽実践報告=和歌山県農林水産部農業農村整備課共同活動班長 中西一宏氏、長野県JA松本ハイランド代表理事専務理事 松澤幹夫氏。
 
【第2部】
「地方創生の新たな挑戦-プロセス重視の展開-」

▽講演=「地域運営組織の可能性と課題」(大分大学准教授 山浦陽一氏)、「関係人口~風の人の役割」(フリージャーナリスト 田中輝美氏)、「継がれる地域の仕事」(日本農業新聞記者 尾原浩子氏)。
 1部、2部とも講演の後、報告者をコメンテーターにクロストークを行う。
 
○日時:2月27日、13:00~17:00
○場所:明治大学リバティーホール(東京都千代田区駿河台キャンパス)
○問い合わせ:JC総研基礎研究部(電)03-6280-7252
○参加申し込み:ファクスあるいはメールで
○FAX:03-3268-8761
○E-mail:shinpo@jc-so-ken.or.jp

(関連記事)
地産地消でセミナー JC総研(17.12.21)
協同組合間連携の道探る 地域づくりで意見交換(17.10.09)
「協同」の源は歴史に 伝統のルール再確認をーJC総研が公開研究会(17.09.19)
協同組合を学ぶ10月5、6日職員の交流セミナー JC総研(17.09.12)
中食・外食でも米 米が主食の食事が増える JC総研が米の消費行動調査(17.06.27)
【冨士重夫 JC総研代表理事理事長】JAの総合事業維持へ(17.04.25)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ