JAの活動 ニュース詳細

2018.02.08 
世界選手権での活躍誓う 卓球の石川佳純選手が全農を表敬訪問一覧へ

 全農の所属選手で、卓球女子日本代表のエース、石川佳純選手が、2月22日から英国ロンドンで開催される卓球の2018IFFTチームワールドカップ(国際卓球連盟主催)を前に7日午後、東京・大手町のJA全農本部を表敬訪問した。日頃の全農からの厚い支援に対する感謝と、ワールドカップや4月の世界選手権団体戦(スウェーデン・ハルムスタッド)など今後に向けた抱負などを熱く語った。

花束を贈られ喜ぶ石川選手 石川選手は2018年2月現在、世界ランキング第4位で、ワールドカップにおけるチームジャパンの中心選手としてその活躍が期待されている。
 会見は、JA職員、報道機関関係者など約120人を集めて行われた。冒頭、全農の女性職員から花束贈呈があり、その後、テレビ東京の中川聡スポーツアナウンサーとの対談形式で近況報告が行われた。
 JA職員からの質問コーナーで「勝負飯はあるのか」と問われた同選手は迷わず「焼肉です!」と快活に答え、会場は笑顔に包まれた。その後、山崎周二代表理事専務から激励の言葉が贈られ、最後は石川選手を中心に、参加した職員とともに記念撮影。会見は華やかな雰囲気のうちに終了した。
 全農は2011年から石川選手と所属契約を結び、同選手を物心両面からサポートしている。広報部によれば、同選手のひたむきな姿勢と明るく真面目な人柄は、全農が求めるイメージキャラクターにぴったりだとして、今後も強力に応援していきたいとしている。

(写真)花束を贈られ喜ぶ石川選手

 
今後の活躍を誓う石川選手 石川選手のコメントは次の通り。
 私はご飯がパワーの源であり、ロンドン五輪の際も、全農ロンドン駐在事務所さんから美味しいご飯を提供してもらい、それが好成績(シングルスで4位、団体で銀メダル)につながったと、いまでもそう思っている。
 当面の目標は、まずは今月に開かれるワールドカップで好成績を残すこと。そこで弾みをつけて、4月の世界選手権団体戦に臨みたい。今年いちばんの勝負どころだと思っている。必ず決勝まで勝ち残り、中国選手を倒すこと。期待してほしい。
 最終的には2020年の東京五輪・パラリンピックで、最高のパフォーマンスを見せるため、食事や体調管理に気を遣いながら、そこにピークを持っていきたい。皆さまの応援が力になるので、ぜひお願いしたい。

(写真)今後の活躍を誓う石川選手

 

職員に囲まれての記念撮影 全農さんからいただく厚い支援にはいつも感謝している。その思いを今後の活躍につなげたい。

(写真)職員に囲まれての記念撮影

※山崎専務の「崎」の字は正式には異体字です。

 

(関連記事)
【JA全農輸出対策部上野一彦部長に聞く】米の輸出は業務用がターゲット マーケットインで産地づくりを(18.01.31)
【戸井・全農チーフオフィサーに聞く】変化する消費現場に的確に応える(17.12.20)
JA全農の役員業務分担(17.08.30)
【協同組合だからこそできるJA全農の事業】目指すは農家の生産性向上と所得増大(17.07.21)
全農の取扱高4兆5981億円 JA全農平成28年度事業報告(17.07.12)
【肥料】銘柄を集約し交渉力 JA全農肥料農薬部部長・天野 徹夫氏(17.04.13)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ