JAの活動 ニュース詳細

2018.03.12 
准組合員への対応策探るセミナー JA全中一覧へ

・准組合員メンバーシップ強化実践セミナー

 JA全中は4月に東京と福岡で2日間、准組合員メンバーシップ強化実践セミナーを開く。平成31年の「自己改革に関する組合員調査」を前に、JAや地域農業の応援団にするため、准組とどのように向き合うかについて、講演、JAの事例報告、意見交換等をもとに対応策を探る。

 JAの自己改革で、准組合員はJAの応援団として位置付けられており、准組合員に対する働きかけ、効果的な情報発信・コミュニケーションが重要になっている。准組合員メンバーシップ強化実践セミナーは、その方法を探り出し、全国のJAで共有しようというもので、小林元・広島大学大学院助教が「今、求められる准組合員との向き合い方」としてセミナーの狙いを解説。
 また地方と文化のPR戦略で知られる、(株)TMオフィス代表取締役・PRプロデューサーの殿村美樹氏が「JAと地域が共に元気になるPRとは~准組合員にJA・地域農業のファンになっていただくために~」のテーマで基調講演する。
 取り組み事例では、福島県JAふくしま未来(東京・福岡会場とも)と、兵庫県のJA兵庫南(福岡会場のみ)とJA兵庫中央会(東京会場のみ)が報告する。最後に出席者同士でグループワークを行い、その結果を発表して意見交換する。
 参加対象はJAの総合企画・企画管理、広報、組合員組織・くらしの活動、直売所など、組織基盤強化関係部署の部課長・担当者。日程と場所は次の通り。

▽東京会場=4月12、13日。
 TKP日本橋カンファレンスセンター(東京都中央区八重洲)
▽福岡会場=4月24、25日。
 福岡国際会議場(福岡市博多区石城町)

 

(関連記事)
「自己改革やり抜く」 JA全中、通常総会で決議(18.03.09)
【機構改革】基本政策対策室を設置-JA全中(18.03.09)
農協は誰のための組織か(18.03.09)
農協は協同組織であり「競争組織」ではない (18.03.06)
自己改革 もっと発信を-JA広報大賞セミナー(18.02.22)
【インタビュー・大澤誠農林水産省経営局長】「自ら変わる」発想で農協の新時代を(前編)(18.02.16)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ