JAの活動 ニュース詳細

2018.03.14 
食と農の情報アプリを4月から運用開始 JA全中一覧へ

 JA全中は食と農の情報発信の一環として新たな食のアプリを開発し、4月から運用する。全国のJAファーマーズマーケットやJAが直接情報を発信する機能を持っており、アプリ利用者に旬の農産物情報やJAに関する情報を届ける。

アプリの名称は「JA旬みっけ!」。地域の消費者が、JAと一番接点を持つ事業に農産物の直売所がある。その利用者をターゲットに、JAのイベントや自己改革の情報をリアルタイムに発信することで「農業振興の応援団」をつくろうというもの。
内容は「笑味ちゃん」を使ったデザインで,お得な野菜情報やイベント情報などを配信する記事配信機能と、いつでも旬の野菜やレシピをチェックして知ることができる「食材辞典」がメイン。また、ターゲットを明確にした情報発信や,JA広報誌やJAグループの関係サイトとリンクする。

(関連記事)
「今でしょ!」の林修氏をイメキャラに JA全中(18.03.14)
山形産山菜レシピを学ぶ JA全中(18.03.12)
准組合員への対応策探るセミナー JA全中(18.03.12)
【機構改革】基本政策対策室を設置-JA全中(18.03.09)
「自己改革やり抜く」 JA全中、通常総会で決議(18.03.09)
【人事異動】JA全中(4月1日付)(18.03.09)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ