JAの活動 ニュース詳細

2018.03.14 
第12回JAグループ国産農畜産物商談会一覧へ

・全国から付加価値の高い農畜産物が

 JA全農、JAバンク主催による第12回JAグループ国産農畜産物商談会が3月14日、東京・千代田区の東京国際フォーラム展示ホールで開幕した。今回商談会には全国から147団体が出展、翌15日まで行われる。

nous1803140702.jpg(写真)来賓を交えての鏡びらき

 

開会あいさつに立つ菅野幸雄JA全農副会長 開催に先立ち、午前9時40分から行われたオープニングセレモニーでは菅野幸雄JA全農副会長が挨拶に立ち、この商談会の目的がJAグループの総力をあげた国産農畜産物の販路拡大の場であることを強調。その上で商談会をより一層実りあるものにするために、特に今回はマーケットインの発想にもとづいた付加価値の高い商品が全国各地から届いたとし、地域色にあふれた魅力的な農畜産物が少しでも多く商談に結びつくことを期待していると述べた。

(写真)開会あいさつに立つ菅野幸雄JA全農副会長

 

 

 来賓の挨拶では、磯崎陽輔農林水産副大臣の祝辞を髙橋仁志農林水産省産業連携課長が代読、商談会がバイヤーと生産者双方に「販路拡大」という最大のメリットをもたらす絶好の場であると、その開催意義を強調した。
 続いて本田英一生協連会長が祝辞を述べ、商談会の成功にエールを送った。
故郷の特産イチゴを手にする野田聖子総務大臣 会場は時間を追うごとに来場者が増えて盛況で、昨年の来場者5000人を上回ると予想される。また各ブースに設けられた商談席では熱心に商談する風景が見られた。
 会場には野田聖子総務大臣も顔を見せ、故郷のJA全農岐阜のブースを訪れ、特産のイチゴ「濃姫」をほうばる姿も見られた。同大臣は「日本の農業には未来がある。成長産業としての日本農業の新しい変化に期待している」と話した。大臣は昨年に続いての来場で「今年は消費者目線に立った商品展示が目立ち、とても喜ばしい」と述べ、昨年との違いを強調した。

(写真)故郷の特産イチゴを手にする野田聖子総務大臣

 

賑わう会場の様子(写真)賑わう会場の様子

 

米どころ新潟「新之助」を手にするキャンペーンガール(JA全農にいがた) JA全農福島では原発事故から7年経った特産の福島牛や麓山高原豚の試食コーナーを設け、積極的にアピールをしていた。「風評被害が心配されるところだが」と問いかけると、担当者は「そのためにもいま、東京を中心にきめ細かく展示特売会を開催しています。点から線への広がりの中で少しでも多くの方に福島ブランドの味を知ってもらいたい」と話した。

 今回商談会は地域商品のPRのほかに、商談サポートや新設の輸出相談コーナー、特別セミナーなど、多彩なメニューが用意されている。14日は「ローソンと成城石井の商品開発と今後の取り組み」、15日は戸井和久JA全農チーフオフィサーによる「国産農畜産物の今後の流通」などをテーマに、4名の講師が講演する。
 第12回JAグループ国産農畜産物商談会で詳細が分かる。

(写真)米どころ新潟「新之助」を手にするキャンペーンガール(JA全農にいがた)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ