JAの活動 ニュース詳細

2018.04.03 
「常に組織人の意識を」JA全国機関新採用職員の研修会一覧へ

・中家会長らが激励

 JAの全国機関の今年採用された職員の合同研修会が4月2日、東京都文京区春日の文京シビックホールで開かれた。新規採用者約650人が参加し、中家徹全中会長の訓話や、飯野芳彦全青協会長、作家の童門冬二氏の講演、協同組合歌斉唱などを通じて、協同組合組織の一員としての自覚を新たにした。

 中家会長は、国際的にも認められている協同組合組織の価値と、現在進めているJA自己改革の取り組みの意義を強調し、「全国組織は現場のJAの活動のサポーターであり、常に現場目線を忘れず、組織人であることを意識し、何事も一生懸命に取り組んで欲しい」と激励した。

JA綱領を斉唱する新規採用職員(写真)JA綱領を斉唱する新規採用職員

 
 また飯野会長は、地元の埼玉県いるま市で、今も"結い"による助け合いが地域に住む人の拠り所になっていることを紹介し、「お金で解決できないのが"結い"で、その根底には相互の信頼関係がある。"協同"は、すなわち"信頼"であり、それを構築するのがJAの職員だ」と話した。
 作家でJA経営マスターコース塾長の童門冬二氏は、特別講演で二宮尊德の思想を例に、常に相手の身になって考える"恕"(じょ)の大切さを強調。「常にこの心をもって組合員に接していただきたい」と、新JA人へメッセージを送った。
 研修会では、全国機関の組織・業務の紹介、名刺交換など相互交流を行い、歌手の田中星児氏が協同組合歌「あすの大地に」を歌唱指導した。JA全中の監査企画部に配属された鈴木大志さん(23)は、「農業の多面的価値に関心がある。地方や第1次産業のための力になりたい。JA職員としての自覚を持ち、農業・JAの現場から学びたい」と抱負を語った。

 

(関連記事)
実需者ニーズふまえ販売力強化-JA全農30年度事業計画(18.03.27)
JA事業基盤強化へCS改善などで交流会-農林中金(18.02.21)
福島県における数農協の合併(1)(18.01.14)
【JA全農畜産生産部-JA全農の若い力】受精卵移植技術を着実に実践(17.09.29)
『相互扶助』理念を胸に刻み 新職員259人 JA共済連入会式(17.04.05)
組合員の顔見える組織に 全国連ほか 新規採用職員600人 研修会(17.04.04)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ