JAの活動 ニュース詳細

2018.06.05 
農業所得向上にクラウドファンディングを活用 農林中金一覧へ

 農林中央金庫は5月31日、(株)CAMPFIRE(キャンプファイヤー)との間で、同社が運営するクラウドファンディングサービスを活用したビジネスマッチング契約を5月24日までに締結したと公表した。

 クラウドファンディングとはインターネットを通じて、その趣旨に賛同した一般個人から直接資金を募る仕組みだが、資金調達にとどまらず、販路拡大やマーケティング(試験販売)などの機能も持つ。
 CAMPFIRE(キャンプファイヤー、代表取締役社長:家入一真、本社:渋谷区)は国内最大の掲載数、PV数を有する購入型クラウドファンディングプラットフォーム「CAMPFIRE」を2011年から運営している。
 農林中金は本契約に基づき、クラウドファンディングを活用して全国の農林水産業者などに商材の販路拡大や、消費者目線に立ったマーケティング実践機会の提供などを通じて、農林漁業者の販売力強化による所得向上を支援していくとしている。

 

(関連記事)
全農の販売事業改革着実に【岩城晴哉・JA全農代表理事専務】(18.06.05)
第1回 西尾宗雄・JA福井市南部経営管理委員会会長(18.05.22)
若手農家 規模拡大-「農業白書」を閣議で了承(18.05.22)
農地と野菜の"もったいない"を商品に JA東京みらい(18.05.09)
【JA全農米穀事業部】コメの実需者直接販売125万t目標(18.03.09)
【インタビュー・細田博之・衆議院議員自民党憲法改正推進本部長に聞く】大切な食料安全保障の確立(18.01.10)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ