JAの活動 ニュース詳細

2018.06.18 
商系との共同資材店順調 JA水戸一覧へ

・安さ・便利さを実感
・組合員の利便性を重視

 店内にはJA系統と商系の商品が並んで陳列されており、利用者は値段と内容を比較して購入できる。またパッキンやコックなど、徹底して小分けされており、客は必要なものを必要なだけ購入できる。
 最大の特徴は品ぞろえの豊富さにある。従来のJA資材センターでは、せいぜい2000点くらいだったが、この「JA水戸・農家の店しんしん内原店」は、約10倍の約2万点に及ぶ。肥料、農薬、農機、種子、出荷資材、作業用土、工具金物、園芸等、営農に必要なあらゆる商品が店内に並ぶ。

2万点もの農業関係商品が並ぶ店内(写真)2万点もの農業関係商品が並ぶ店内

 

 店舗はJA水戸内原支店に併設し、JAの元資材センター。提携先の業者はアイアグリ株式会社(本社・茨城県土浦市)で、「農家の店しんしん」を北関東を中心に全国で40店舗展開する。
 「JA水戸・農家の店しんしん内原店」は、JA系統の商品は全体の1割ほど。店員は5人で、うち1人がJAの職員。当然ながら、店員は、商系、系統で差別することはなく、店頭の商品は平等に扱う。
 当初、商系との共同出店には賛否両論あり、「JAの魂を売るのか」という声もあったが、開店してからは、「価格が安く、商品も豊富だと言う評価を組合員から得ている」と八木岡努・JA水戸組合長。
 同店の塙賢二・上席店長は「商系とJAを比較できるとともに、系統にしかない商品もあり、JAの価値のPRにもなる。共同出店がプラスに動いている」と、ウインウインの関係を強調する。
 JAにとって、この共同店舗はJA改革の一環でもある。八木岡組合長は、「口だけで改革を言ってもついてくる人はなかなかいない。実際に生産資材が安くなったことを実感して、はじめて賛同してもらえる。その結果、JAの利用率の向上につながる」と指摘する。

 

(関連記事)
【インタビュー・竹下亘・「地域農林水産業」振興議連会長】「田舎」守る政治実現へ(18.03.29)
「水戸の柔甘ねぎ」GI登録 生産部会が栽培・品質管理 JA水戸(18.02.08)
中家徹JA全中会長インタビュー 自己改革で新たな協同組合づくり(17.10.13)
農家のために JA・商系の壁を超える JA水戸 農家の店しんしん内原店オープン(17.09.02)
JAと商系が共同運営で資材店(17.08.22)
【JA水戸 組合長・女性部部長 対談】青年部と二人三脚で運営参画(17.01.25)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ