JAの活動 ニュース詳細

2018.06.22 
山形産「佐藤錦」PR 旬の味を都心の消費者に-JA共済連が「JAまるしぇ」一覧へ

 さくらんぼは今が旬。JA共済連は6月21日、JAさくらんぼひがしねの協力のもと、東京・千代田区平河町のJA共済ビルで「JAまるしぇ in JA共済ビル」を開き、山形県産の「佐藤錦」を販売した。同連による農産物「まるしぇ」は今回で4回目。「まるしぇ」は周辺のオフィスなどでも知られた取り組みとなっており、旬の果実を求め、レジに行列ができる賑わいだった。

「佐藤錦」をPRするJA共済連の職員と野菜ソムリエ(写真)「佐藤錦」をPRするJA共済連の職員と野菜ソムリエ

 

 用意したさくらんぼ「佐藤錦」は、山形県JAさくらんぼひがしね産500パック。1パック600円の値段で、チラシで知った近隣の住民やオフィスを利用する人たちで行列ができた。11時からの売り出しで用意したさくらんぼは30分ほどで棚から無くなり、昼過ぎにはすべて売り切れた。
レジに行列ができたJA共済連のさくらんぼ直売 応援で参加した野菜ソムリエの飯田恵美子さんは「『佐藤錦』は粒が大きく、まさにルビーのようなすばらしい果実です。私たちは、保存方法や美味しい食べ方を消費者の伝えることで、すばらしい国産農産物の消費が増えれば、と思っています」と、懸命にPRしていた。
 この取り組みは、JA共済連が、全国本部のあるJA共済ビルのある平河町を中心とする都心の人たちに全国の農産物を販売し、旬の国産食材の魅力や美味しさをPRしようというもの。これまで福島、熊本、山梨県の農産物を販売したが、今回同様、いずれも行列ができる賑わいだった。なお、22日も東京都千代田区大手町のJAビル農業・農村ギャラリー「ミノーレ」で山形のさくらんぼフェアが開かれ、JAさくらんぼひがしねの「佐藤錦」をPRした。

 
(写真)レジに行列ができたJA共済連のさくらんぼ直売

 

(関連記事)
佐藤錦中心に山形産農産物直売 JA共済ビルでマルシェ(18.06.15)
秋の味覚で東北復興を応援 全中・経団連等がマルシェ(17.11.02)
GI産品一堂に 千葉・幕張でフェスタ-JTB西日本(17.09.25)
担い手の農業所得向上に奮闘 「TACパワーアップ大会2016」開催(16.11.22)
【JAトップアンケート】JAさがえ西村山 古沢明代表理事組合長 「地域経済の一翼担う」(15.11.04)
ナシ、スモモなど果樹病害に 新規殺菌剤「オルフィンプラスフロアブル」発売 バイエル(16.03.31)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ