JAの活動 ニュース詳細

2018.07.03 
暑さ忘れるフルーツバーなど多彩な催し JA全中一覧へ

・7月のミノーレは4回の“まるしぇ”開催へ

 東京・大手町JAビル内にある農業・農村ギャラリー「ミノーレ」では7月の間は、暑さを忘れる多彩な企画による4回のJAまるしぇを開く。主催のJA全中では多くの来場者を期待している。

 各イベントの概要は次の通り。開催時間はすべて共通で、午前11時から午後1時30分まで。

 
【秋田の"じゅんさい"を味わおう!】(5日と6日)まるしぇ秋田のじゅんさい
 プルプルでいかにも涼しげな見た目が特長のじゅんさいは秋田県が大産地。秋田のきれいな水が育んだじゅんさいは、ぷりぷりとした歯応えとつるっとした食感が魅力。お弁当コーナーの「旬」では、数量限定で「じゅんさいうどん」を販売する。

(写真)秋田のじゅんさい

 


【新鮮な朝採れ野菜をお届け!】(13日)
 千葉のファーマーズマーケット「JAきみつ味楽囲おびつ店」から4種類の新鮮な朝採れトウモロコシ(味来、サニーショコラ、ホワイトショコラ、ドルチェドリーム)を販売する。

 
【初夏のフルーツバー&まるしぇ】(24日)まるしぇ前回のフルーツバーの様子
 毎年好評のフルーツバーを今年も開催。アンデスメロン、赤肉メロン、デラウェア、ナシ、ネクタリン、イチジク、スイカなど、暑さを忘れる爽やかなフルーツを満喫してもらう。

(写真)前回のフルーツバーの様子

 

 
【つごもり市】(27日)JA静岡経済連の銘茶じゅういち
 JAさがみヤマト地区から運ばれた新鮮なトマト、半長ナス、キュウリなどを販売する。またJA永平寺からはイタリアで「黄金のデザート」を意味する高糖度のトウモロコシ「ドルチェドォーロ」が、JA静岡経済連からは銘茶「揉一(じゅういち)ひとえ」が販売される。

(写真)JA静岡経済連の銘茶じゅういち

 

(関連記事)
山形産「佐藤錦」PR 旬の味を都心の消費者に-JA共済連が「JAまるしぇ」(18.06.22)
ミノーレ開館10周年感謝祭 JA全中(18.05.30)
JAまるしぇ、5月は3回開催(18.05.10)
東北復興応援フェア開催 3月7日ミノーレで(18.02.26)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ