JAの活動 ニュース詳細

2018.07.06 
農協運動を次代へつなぐ 第40回農協人文化賞表彰式一覧へ

「農協運動の仲間達が贈る」農協人文化賞の記念すべき第40回の表彰式と記念シンポジウムが7月5日、東京都千代田区大手町の東京會舘で開かれた。受賞者を始め、JAの関係者など多数が出席し、受賞者の功績をたたえるとともに、受賞者の報告をもとに、今日のJAが抱えた問題や解決策、将来の方向について意見交換した。シンポジウム終了後は祝賀パーティを開き、約150人が受賞を祝った。

17人の功績をたたえて

 

 今年の受賞者は経済事業2名、営農事業5名、共済事業2名、信用事業2名、厚生事業1名、福祉事業1名、一般文化3名、それに特別賞1名の合計17名。主催の(一社)農協協会・佐藤喜作会長と、農協人文化賞選考委員長の今村奈良臣・東京大学名誉教授が、受賞者の功績をたたえ、その成果を次代へつなぐよう受賞者や出席者に訴えた。

農協運動の仲間達が贈る第40回農協人文化賞受賞者記念撮影 (写真)文化賞受賞のみなさん

 

 表彰式にはJA全中の須藤正敏副会長、JA全農の吉見均常務理事、JA共済連の山田康弘常務理事、農林中金の八木正展常務執行役員、新世紀JA研究会の萬代宣雄名誉代表があいさつ。それぞれ、JAグループ挙げて改革に取り組んでいる中で、受賞者の取り組みを共有することの必要性を強調した。
 表彰式の後開いた記念シンポジウムでは、「地域とともに仲間とともに明日への挑戦」をテーマに、松岡公明・農林年金理事長の進行で各受賞者が体験報告。これをもとに出席者を交え意見交換した。このなかで、特にJA改革に関して、それぞれJAの実情にあった改革、農業・JAの価値を広く国民に訴える取り組みの必要性を指摘した。

第40回農協人文化賞受賞者シンポジウムのようす(写真)JA改革が焦点になったシンポジウム

 

 農協人文化賞は、農業協同組合法施行30周年を記念して昭和52年に創設されたもので、農協運動の各分野で功績のあった人に贈る賞。40回を迎えた今回まで424人の農協運動の先達を表彰。今回の農協人文化賞受賞者は次の通り(敬称略)

 

【経済事業部門】
▽市川峰男(JA一志東部代表理事組合長)
▽久保和平(JA京都常務理事)

 

【営農事業部門】
▽牛山喜文(JA上伊那前代表理事専務理事)
▽木村敏和(JA山形おきたま代表理事組合長)
▽高峰博美(JAあしきた前代表理事組合長、非常勤理事)
▽竹下正幸(JAしまね代表理事組合長)
▽松山幸雄氏(十勝畜産農業協同組合代表理事組合長)

 

【共済事業部門】
▽佐々木福栄(JA八戸代表理事組合長)
▽中谷清(JA大阪南代表理事組合長)

 

【信用事業部門】
▽今井長司(JA柏崎経営管理委員会会長)
▽櫻井宏(JAぎふ代表理事組合長)

 

【厚生事業部門】
▽中澤あけみ(JA長野厚生連健康管理センター元保健師長)

 

【福祉事業部門】
▽荻野孝子(JA愛知東 助け合い組織「つくしんぼうの会」会長)

 

【一般文化部門】
▽菅野幸雄(JAえひめ中央経営管理委員会会長)
▽久保薫(JAふくおか八女前代表理事組合長)
▽新田靖(JA三次代表理事組合長)

 

【特別賞】
▽古谷義幸(前秦野市長)


(表彰式・シンポジウム・祝賀パーティの詳細は、後日、まとめて紹介します)

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ