JAの活動 シリーズ詳細

シリーズ:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

2018.04.19 
准組合員にアピール一覧へ

 JAの自己改革で、メンバーシップ強化が重要な課題になっている。そのためには、組合員、特に准組合員にJAのことをもっと知ってもらい、事業を利用、あるいは活動への参加を促さなくてはならない。広報誌も、そのことを意識した紙面づくりに努めたい。

◆准組を意識して
JAひがしみの「ひがしみの」JAひがしみの広報誌「ひがしみの」
 タイトルからして「JAファンづくり運動」と、直截的である。岐阜県JAひがしみの合併20周年の特集だが、昨年、実施したアンケート調査で4割が、JAの事業について「分からない」と回答したことから、あらためてJAの活動を紹介するという。
 食農教育、地域行事への参加、高齢者福祉、美化活動、交流・親睦サービスと、准組合員へのアピールを意識した内容となっている。一度に掲載するのでなく、連載にすると、愛読者が増えることも期待できるのではないか。

 

◆直売所を武器に
JAめぐみのの「めぐみの」JAめぐみの広報誌「めぐみの」
 准組合員とJAの最大の接点は農産物の直売所である。これをPRしない手はない。「めぐみの」は、直売所の魅力を、その利用者に語らせている。単に直売所の規模や特徴を紹介するより、読者の関心を引く。
 料理店やレストラン、パティスリー(ケーキ・洋菓子専門のベーカリー)のプロの料理人やシェフが登場。直売所で野菜を選ぶ写真つきで紹介。「納得できる素材と出会えないと商品は生まれない」とプロが品質や味を保証するから心強い。

 

 
◆ラジオで対外広報
JA福岡市「Jam」JA福岡市広報誌「Jam」
 福岡県のJA福岡市がスポンサーを務めるラジオ番組がある。毎週金曜日の13時40分からの7分ほどの番組だが、特に若い世代、20~40代の未来を担う子どもたちの親世代に、JAの安全・安心の農産物ブランド「博多じょうもんさん」とJAの事業を紹介する。
 ほかのJAではめったにないテーマだが、マスメディアの利用はもっとも効率的な対外広報と言える。「毎回決まった時間に知らせたい情報をタイムリーに届けられ、しかも聴く環境を選ばない」とラジオの利点を挙げる。大いに活用したい。

 

(写真をクリックすると大きな写真が表示されます)

 

(関連記事)
【第60回全国家の光大会】体験発表最優秀賞は飯國恵美子さん(JAしまね)、山本結貴さん(JA下関)(18.02.19)
第29回JA人づくり研究会 JA改革、各地で着実に(後半)(18.02.09)
【JA人事】JA福岡市(福岡県)(6月27日)(17.07.03)
【JA人事】JAひがしみの(岐阜県)(6月16日)(17.06.19)
【JA中央会人事】JA岐阜中央会、共済連県本部・信連(16.07.06)
【JA人事】JAめぐみの(岐阜県)新組合長に山内清久氏(16.07.04)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ