JAの活動 シリーズ詳細

シリーズ:ヒント&ピント ~JAの広報誌から~

2018.06.10 
【ヒント&ピント】伝えよう! JAの自己改革一覧へ

 いくら立派な広報誌を作っても、組合員に読まれなければ意味がない。どうすれば手にとり、目を通してもらえる広報誌をつくるか。いま、そのことが「自己改革」を進めているJAに問われている。そうした工夫のみられる記事を、当協会に送っていただいている広報誌の中からピックアップし、今後、この欄で重点的に掲載する。

◆特A奪還を呼びかけ
JAいわて平泉「kosheru」(こしぇる)【ヒント&ピント】JAいわて平泉 広報誌「kosheru」(こしぇる)
 特集で「農業」、「くらし」、「経営」の3本柱で、これまで同JAが取り組んできたJA自己改革を紹介。GAP指導員の養成、「ひとめぼれ」の特A奪還、畜産経営基盤の維持・拡大、園芸生産基盤の維持・拡大、くらしの活動課・地産地消課の新設、営農指導部門の集約などの取り組みを説明。農家組合員の所得の増大と農業生産の拡大をめざす。ホームページに自己改革ページを新設し、DVDの作成をしたことも紹介している。

 

◆地域に役立つJAへ
JA伊豆の国「JA伊豆の国」
【ヒント&ピント】JA伊豆の国 広報誌「JA伊豆の国」 「地域にもっと役立つJAへ!」のタイトルで、農業所得の向上、農の魅力、地域への貢献の3つについてJAの取り組みを課題ごとに紹介している。全国有数の産地であるワサビの苗の安定供給、野菜の農業基礎講座の開講による15人のJA農産物直売所の会員拡大などのほか、県下初の相続・年金専門部署の開設など、地域の実情にあった事業を取り上げている。写真が多いと煩雑になりがちだが、傾けたり、丸や四角にカットしたりして変化をつけている。

 

 

 

◆別冊で方向アピール
JA福岡市「jam別冊」【ヒント&ピント】JA福岡市 広報誌「jam別冊」
 珍しいJA改革の別冊である。それもずばり「伝える自己改革」。総合農協の存在意義を強調する作家、山下惣一氏の論文「JAこそ我らが砦」(本紙2018年1月10日号掲載)の全文を紹介。これを2018年の「新たな闘いのキーワード」として、改革に向けたJA自らの方向性を読者に示す。その上で、地域の人々が食べる農産物を組合員と一緒に生産しているというメッセージを込めて「福岡市食料農業協同組合をめざす」と、明快なコンセプトをアピールしている。

 

本コラムの記事一覧は下記リンクよりご覧下さい。

【ヒント&ピント ~JAの広報誌から~】

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ