JAの活動 特集詳細

特集:JAトップアンケート 今、農業協同組合がめさずこと

2015.10.27 
【JAトップアンケート】JAみっかび 後藤善一代表理事組合長 「モノ語り」を重視一覧へ

 JAグループは10月15日の第27回JA全国大会で「創造的自己改革への挑戦」のスローガンのもと、「農業者の所得増大」と「農業生産の拡大」「地域の活性化」に全力を尽くすことを決議した。これらの課題を全国各地で地域特性に合わせて実践していくには、各JAトップ層のリーダーシップ発揮が期待される。そこで本紙では「今、農業協同組合がめざすこと」をテーマにJAトップ層の考え、思いを広く発信しJA運動と事業の発展に資すればと考えアンケートを実施した。今回は、JAみっかびの後藤善一代表理事組合長のご意見を掲載する。

JAみっかび・後藤善一代表理事組合長JAみっかび
後藤善一代表理事組合長

回答日:2015.9.28


【問1】あなたの農協では、農業・地域に対し、どんな役割を果たそうと考えておられますか。今後もっとも重要な役割だとお考えの内容をお書きください。
 私たちの使命は農業振興、そして農業所得の増大だと思っています。農業地域のため農家が潤えば地域も豊かになります。また、農協経営も安定します。人口の減少が言われていますが、農業が活性化すれば雇用も増え人も増えます。
 まず経済的な安定をめざします。


【問2】問1の役割を果たすうえで、今、農業・地域での最大の課題は何ですか。
 問題は人材のレベル低下です。考え方(思い)、知識、技術をしっかりさせるべきです。
 新しい仕組みを作っても、投資しても、人材が育っていなければ成果は出せません。
 人材育成の研修を徹底して行います。

【問3】問2の課題を解決するため、もっとも力を入れようと考えておられることは何ですか。
 さまざまな研修を行います。人間力を高めるため、人生、仕事に対する「考え方」をともに学んでいきます。
 「考え方」がいちばん大事だと思います。人が1日に行っている、3万回の判断基準は「考え方」です。どういう考え方を持つべきか、皆で学んでいきます。


【問4】問3に関連して、第27回JA全国大会議案では「9つの重点実施分野」を掲げています。このうち課題を解決し、貴JAがめざす姿を実現するために、もっとも重要と考えておられる事項を3つあげてください。また、その分野において、どんな取り組みを考えておられるのか、具体的内容をお書きください。

JA大会_重点実施9分野c=付加価値の増大と新たな需要開拓への挑戦
(具体的取組内容)
「モノ」だけでなく「コト」を創っていきます。「モノ語り」を重視します。

e=新たな担い手の育成や担い手のレベルアップ対策
(具体的取組内容)
さまざまな研修会に参加させます。自分で考える力をつけさせます。

i=准組合員の「農」に基づくメンバーシップの強化
(具体的取組内容)
農協の基本である農にこだわり「農」「食」に関した事業を行っていきます。

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ