農政 ニュース詳細

2016.12.01 
チラシで意思固め 「提言」でJA愛知中央会一覧へ

 規制改革推進会議農業ワーキンググループの意見(提言)について、JA愛知中央会は、提言の問題点を整理した県内のJA役職員向けのチラシ=写真=を作成し、問題意識の共有化をはかっている。

チラシで意思固め 「提言」でJA愛知中央会 チラシはA4判で、農業ワーキンググループの意見を裏面で紹介し、表面で問題を、カラー刷りで整理している。全体では「JAは協同組合であり、組合員のものである。なぜ、規制改革推進会議が民間団体である全農・JAの運営方針をきめるのか?
 民間への過剰介入である」と、推進会議の権限を問題にしている。
 次いで信用事業の代理店化は、「営農事業の財源の確保が困難になり、農家所得の向上に逆行する。代理店化は各JAの選択であるのに、『3年後・半減』の目標設定をすることは不当である」と、規制改革推進会議の越権行為を批判する。
 さらに准組合員の利用規制で実態調査・研究を加速するよう求めていることに対し「5年をかけて結論を出すとしている改正農協法附則を超える内容である」と、国会軽視を問題にする。
 さらにJA全農の委託販売廃止・買取販売への転換について、「JAグループの価格交渉力が弱まり、農家所得の増大に逆行する。全量買取を強要することは民間経営への過剰介入」と指摘している。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ