農政 ニュース詳細

2017.03.10 
農業女子PJ2016オブ・ザ・イヤーに香川県・尾池美和さん一覧へ

安倍昭恵氏「農業の未来明るい」

 農水省は3月9日、農業女子プロジェクト(農業女子PJ)で初となるアワードを開催。農業女子PJ2016オブ・ザ・イヤーに「人材育成部門」の香川県・尾池美和さんが選ばれた。

中央で冠を被った尾池さん。他の受賞者、安倍氏、矢島直美審査委員長とともに 2013年から農水省が始めた「農業女子PJ」は、女性農業者の活躍を応援している。このアワードは2016年度に最も活躍した農業女子メンバーにおくるもの。
 今回、32件から応募があり、5つの部門で受賞者を決めた。同日、この受賞者らがプレゼンを行い、来場者およそ160人と審査委員らで尾池美和さんを「農業女子PJ2016オブ・ザ・イヤー」に決めた。
 尾池さんは「人材育成部門」での受賞者で、農業現場でも女性が働きやすい職場の環境づくりと作業効率アップの工夫についてプレゼン。タイトルは「目配り・気配り・思いやりを持って!」。
 受賞について「農業は"しんどい"といった偏見を変えたいと思っていた。従業員全員が頑張ってきた成果だと思う。嬉しい」と語った。今後は、夏にベトナム研修生3人を受け入れるために、パートで働く従業員とのコミュニケーションについて配慮していくとともに、既に決定している3か年事業計画について確実に実行していきたいと述べた。
 ゲスト審査員の安倍昭恵氏(現内閣総理大臣夫人)は、「女性が農業に携わる大変さがあると思うが、(今回の受賞者をみて)農業の未来は明るいのではないかとワクワクしてきた」と講評した。
 このほかの部門の受賞者と発表概要は次の通り(敬称略)。
▽販促プロモーション部門:垣淵浩子(和歌山県)
 顧客ターゲットを明確にした梅・梅加工品を効果的手法でPRした。
▽コミュニティ部門:LINKS代表 内山佳奈(北海道)
 地域の垣根を超え、仲間で築き上げた幅広いコミュニティ活動。
▽6次産業化部門:山領裕美(佐賀県)
 タマネギの規格外品の廃棄を減らすことを考え、タマネギのドレッシングを製造し6次化商品にした。
▽知恵・夢部門:農業女子フェアin香港代表貫井香織(埼玉県)
 農業女子PJが香港で行ったフェア、農業女子PJの仲間たちのつながり。
(写真)中央で冠を被った尾池さん。他の受賞者、安倍氏、矢島直美審査委員長とともに

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ