農政 ニュース詳細

2017.09.05 
独立新規就農者への助成等29年度事業を実施-農林中金一覧へ

 農林中央金庫とJAバンクアグリ・エコサポート基金は9月1日、独立新規就農者に対する助成と新規就農者の研修受入先に対する助成に関する29年度事業を実施することを公表した。

 この助成事業はJAグループ自己改革メニューの1つである「農業所得増大・地域活性化応援プログラム」。同応援プログラムでは、平成26年度~30年度を集中改革期間と位置づけ国による「農林水産業・地域の活力創造プラン」と連動するかたちで1000億円規模の事業を構築することにしている。
 具体的には将来の中核的な担い手として期待される独立新規就農者に対して就農直後における経営の安定化を支援する目的で農業費用を助成する。 また、新規就農者の研修受入先に対する助成事業については、より多様な新規就農者を育成することを目的に27年度から助成対象を拡大した。
 助成金額は研修生受け入れ先には1人あたり月額最大3万円、研修生1人あたりには月額最大1万円。
 研修受入先は農家、農業法人、生産者組織などで▽恒常的かつ1年以上にわたって実施される実践的な研修であること、▽研修生が①18歳以上65歳未満であり、かつ②独立就農もしくは親元就農後5年以内に経営承継が見込まれることが助成要件となっている。
 事前申請期間は平成29年9月1日から平成30年2月28日まで。助成申請期間(本申請)は平成30年5月1日から6月30日まで。詳しくはJA、担い手サポートセンター、JAバンクアグリ・エコサポート基金へ。

(関連記事)


農業するなら山口県で 第2回やまぐち就農ゆめツアー開催(17.08.04)


第2回 親元就農でブランドと地域農業を引き継ぐ(17.03.21)


第1回 法人経営に新たな活力-雇用就農で地域も元気に(17.01.20)


女性農業者に就農相談 体験予約サイト「TABICA」(16.09.23)


新規就農者6万5030人-27年調査(16.09.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ