農政 ニュース詳細

2017.09.08 
集落が生き残る方策探る『住み継がれる集落をつくる』一覧へ

 地方の人口減少が進むなかで、集落に誰が住み、だれが集落を継ぐのか。これをテーマにした『住み継がれる集落をつくる』=写真=が出版された。山梨県早川町等、全国各地の農村移住で集落維持・活性化に奮闘している事例をもとに、取り組むべき課題や解決すべき問題を挙げている。

書籍「住み継がれる集落をつくる」の表紙 出版を記念して9月6日、出版元の学芸出版社がセミナーを開いた。編著者の一人、山崎義人・東洋大学教授は、若者の農村回帰が増えている中で、かつての「住む」が「暮らす」に、「起業」が「継業」へと、農村に移住する人の意識が変わりつつあることを指摘した。
 報告者の一人で、山梨県の早川町にIターンし、同町の「日本上流文化圏研究所」で働く鞍打大輔氏は、(1)置かれた環境で楽しむ、(2)自主・自律の精神、自立した仕事の確立、(3)地域内に信頼の輪をつくることを、集落を継ぐポイントとして挙げた。同町では山村留学で、6人になると予想された小学校の児童が、移住者の増加で18人にまでなったという。
 書籍はこうした全国16農山漁村の試み、特に空家の利用や生業の継承、支援策の組み直しなどをレポート。タイトルが「住み継ぐ」でなく「住み継がれる」と、受動的な表現になっているように、継がれるべき集落を主体に移住者の関わり方を探るという問題意識がある。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ