農政 ニュース詳細

2017.09.11 
新規就農者 2年連続6万人超-農水省一覧へ

 農林水産省は9月8日、28年の新規就農者調査結果を公表した。28年の新規就農者は6万150人で2年連続で6万人を超えた。49歳以下は2万2050人。3年連続で2万人を超えた。

49歳以下の新規就農者数の推移(就農形態別)

 就農形態別にみると新規自営農業就農数は4万6040人。このうち49歳以下は1万1410人。前年にくらべてそれぞれ9.8%、8.9%減となったが、3年前の平成25年と比較すると新規自営農業就農者全体で14.0%、49歳以下は13.1%増加した。
 新規雇用就農者は1万680人。このうち49歳以下は8170人で前年にくらべて2.4%増加した。25年と比較すると新規雇用就農者全体で41.6%、49歳以下は40.9%増えた。
 また、新規参入者は3440人で、このうち49歳以下は2470人で前年にくらべてそれぞれ3.6%、2.0%減少した。経営の責任者は2870人で前年にくらべ3.4%減った。

(関連記事)


農業するなら山口県で 第2回やまぐち就農ゆめツアー開催(17.08.04)


第2回 親元就農でブランドと地域農業を引き継ぐ(17.03.21)


第1回 法人経営に新たな活力-雇用就農で地域も元気に(17.01.20)


女性農業者に就農相談 体験予約サイト「TABICA」(16.09.23)


新規就農者6万5030人-27年調査(16.09.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ