農政 ニュース詳細

2017.10.10 
【衆議院選挙】直接支払いに一本化-希望の党の農業公約一覧へ

 希望の党が10日に告示された衆議院議員総選挙に向けて示した農業関係の公約は以下のとおり。食料自給率50%をめざし、生産者への補助金を直接支払いに一本化するなどとしている。

◆地方に希望を

○食料自給率50%をめざし、既存の農業関係補助金を大胆に廃止して農家への直接払いに一本化し、補助金漬け農業から稼げる農業に転換する。

○意欲ある若者や女性などの新規就農者を育成・支援し、中核的な担い手へ農地集積・集約を促す。

○世界最先端の食の安全基準の導入、有機農業の推進、地理的表示の促進などにより、世界の消費者に選択してもらえる農業生産基盤を創る。

○サル、シカ等の有害鳥獣の半減を目指し、鳥獣被害対策実施隊の充実など捕獲対策を強化する。

○農地を都市に必要なものと位置づけ、相続税納税猶予をはじめとした税制措置などにより都市農業振興を図る。

○「花粉症ゼロ」を目指したスギ等の伐採促進、国産材の活用促進などにより、林業の再生を目指す。

○「21世紀版大検地」を行い、空家の抜本的活用を図るとともに、所有者不明土地は慎重な手続きの下で自治体に移転し、有効活用を促進する。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ