農政 ニュース詳細

2017.11.07 
台風22号の農林水産被害16.9億円-11月6日現在一覧へ

 農林水産省は台風22号による農林水産関係の被害状況を11月6日に公表した。同日現在で被害額は16.9億円となっている。

 10月の最終週から週明け(10月26日ごろから30日)にかけて北上した台風22号による農林水産関係の被害は、11月6日現在、宮城県から沖縄県まで20県から報告がある。
 農作物の被害は約1万6000haで被害額は9.1億円となっている。被害内容はサトウキビの倒伏、果樹(柑橘類、パパイヤ)の落果などとなっている。農業用ハウス(435件)、畜舎等(81件)、共同利用施設・及び農業用機械(13件)にも被害が出ている。
 農業被害は10億円、林野、水産関係を含めると16.9億円となっている。農林水産省は引き続き調査している。

 

(関連記事)
【本紙緊急米調査・全国主要219JA】天候不順も収量は平年並み 未熟粒など品質低下を懸念(17.09.20)
【リレー談話室・JAの現場から】未熟なJAの報道対応(17.09.18)
有識者の先生方、農業をやってから発言を(17.09.03)
朝倉町で治山災害緊急事業 林野庁(17.08.29)
豪雨、暴風雨被害を激甚災害に指定-政府(17.08.09)
建更の共済支払見込額66億円 九州北部の台風3号および大雨被害(17.08.03)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ