農政 ニュース詳細

2017.11.13 
TPP11大筋合意-農相「現場に説明尽くす」一覧へ

 ベトナムのダナンで行われたTPP(環太平洋連携協定)閣僚会合で11月10日、米国が離脱したTPP協定を残る11か国で「TPP11協定」として大筋合意した。

 TPP11協定の正式名称は「包括的及び先進的な環太平洋パートナーシップ協定」。TPP協定と農業分野について関税撤廃、削減などでの見直し部分はない。
 齋藤農相は11日に「農林漁業者をはじめとする国民の懸念と不安を払拭するため、合意内容の説明を尽くすとともに、経営安定対策を講じる」などとする談話を表明した。談話の要旨は以下のとおり。
 ▽本協定はTPPの早期発効に向けた取り組みの一環として、米国を除くTPP署名11か国で合意されたもので、その内容はTPP協定の範囲内のもの。
 ▽27年10月のTPP協定大筋合意により、政府として農林水産業の国際競争力を強化するため「総合的なTPP関連対策大綱」に基づく体質強化策を講じてきた。
 ▽今年7月には日EU・EPA交渉も大枠合意、今回はTPP11協定が大筋合意。農林水産省として農林漁業者をはじめとする国民の懸念と不安を払拭するため、合意内容について説明を尽くすとともに、経営安定対策を講じていく。
 ▽成長産業とするための体質強化策について、状況やこれまでの実績の検証などをふまえて必要な見直しを行いつつ、確実に実施していく考え。

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ