農政 ニュース詳細

2018.01.18 
規格認証と企業戦略で東京・大阪で説明会 農水省一覧へ

 農林水産省は「規格認証と企業戦略に関する説明会」を東京と大阪で開催する。

 規格認証は、産品や事業者の品質、技術、取り組みの内容などを「見える化」するもの。実際、取引相手に品質や特色を訴求する場合、規格認証の効果的な活用が企業戦略の観点からも重要になってきている。同省ではこの説明会の目的を、国内外の規格認証に関する現状や規格策定の進め方などを紹介することにより、規格認証のさらなる活用に向けた契機としてもらいたいとしている。
 主催は農水省と(株)三菱総合研究所。
 対象者は農林水産・食品関連事業者、業界団体など。申し込みは規格認証と企業戦略に関する説明会~農林水産省委託事業平成29年度「新たな種類のJAS規格調査」~(三菱総研ホームページ)からで、定員に達し次第、締め切られる。

【東京会場】
○日時:2月19日、午後2時30分から4時30分まで
○会場:三菱総研の大会議室(千代田区永田町)

【大阪会場】
○日時:2月26日の午後1時30分から3時30分まで
○会場:グランフロント大阪タワー8内のナレッジキャピタル会議室(大阪市北区大深町)

○問い合わせ先:同社地域産業戦略グループ
○TEL:03-6705-6018

 

(関連記事)
GAP狂騒曲批判(17.06.28)
「生産現場が変わる」を目標 自民提言(17.05.22)
GAP認証農場 3倍以上に-自民PT(17.05.10)
JAS規格 製法や管理法も対象(17.02.10)
農業競争力強化プログラム(1.2)(上)(16.11.25)
業界再編推進で新法制定を提言-規制改革推進会議(16.10.07)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ