農政 ニュース詳細

2018.01.30 
「ジャガイモ食中毒予防へ」 リーフレットを公開 農水省一覧へ

 農林水産省は1月26日、学校で栽培したジャガイモを食べることで生じる食中毒を防ぐため、ジャガイモの栽培や取り扱いに関する注意点などをまとめたリーフレットを学校や家庭などの菜園でジャガイモを栽培する人々向けに作成、ウェブページに掲載した。

 ジャガイモに含まれるソラニンなどの天然毒素は、ジャガイモが光を浴びたり、傷ついたりすることによって増える。また、未成熟なジャガイモでは濃度が高い場合がある。毒素を摂りすぎると嘔吐などの食中毒を起こすことがある。そのためジャガイモは栽培から調理して食べるまでの間は適切な取り扱いが必要になる。
 近年、国内で発生したジャガイモによる食中毒の多くは学校の菜園で栽培されたジャガイモによることが報告されている。厚生労働省によると、平成元年から27年の間に国内で発生した食中毒事例(計30件)のうち、90%(27件)が学校で発生している。
 その原因は、栽培中や保管中に光を当てたり、肥料などが不十分でイモが十分に成熟しなかったなど、ジャガイモの取り扱いが悪かった点にあるという。
 リーフレットはジャガイモの栽培から調理して食べるまでの間の注意点をイラストや写真とともに紹介している。公開されているサイトはソラニンやチャコニンによる食中毒を防ぐには(農林水産省)。
 同省は関係府省を通じて、全国の教育施設や保育施設、消費者団体などにこのリーフレットについての周知徹底を図るとともに、希望者には無料で印刷物を配布する予定(2月下旬から)。

 ○問い合わせ先:同省消費・安全局食品安全政策課。
 ○電話:03-3502-8111

一覧はこちら


このページの先頭へ

このページの先頭へ