農政 ニュース詳細

2018.02.08 
かんしょ収穫量6%減少一覧へ

・作付面積も減へ

 農水省は2月6日、平成29年産かんしょの作付面積と収穫量を公表した。

 それによると、作付面積は3万5600haで、前年産に比べて400ha(1%)減少した。全国の10aあたりの収量は2270kgで、前年産に比べ5%下回った。これは主産地である九州地域で、9月以降の日照不足や多雨などの影響により、いもの肥大が抑制されたため。
なお、10aあたりの平均収量対比は99%となった。
 また。全国の収穫量は80万7100tで、前年産に比べ5万3600t(6%)減少した。

 

(関連記事)
サツマイモを北米に 焼き芋戦略拡大(18.01.22)
【前半】焼き芋を武器に所得向上 JAなめがた(茨城県)(17.11.08)
第33回 「焼き芋戦略」を中心にした農業6次産業化ビジネスの展開(17.10.29)
JAなめがた甘藷部会など7氏・団体に天皇杯ー29年度農林水産祭(17.10.19)
【第39回農協人文化賞記念シンポジウムより】受賞者の経験活かそう(17.07.21)
仕入れ機能の強化を 農機リースで担い手支援【JA水戸常務・岡崎一美氏】(17.04.05)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ