農政 ニュース詳細

2018.02.08 
高病原性鳥インフル対策で検討会一覧へ

・2月14日、農水省で開催

 農林水産省は2月14日、「平成29年度における高病原性鳥インフルエンザの発生に係る疫学調査チーム検討会」(第1回)を開催する。

 これは、香川県における同インフルエンザの発生に係る疫学調査を踏まえた検討を行い、今後の防疫対策に資するために開催するもの。今回の議事内容は、会合終了後、URLページで公開される。開催日時や議題などの概要は次の通り。
○開催日時と場所
・日時:2月14日、午前10時から11時30分
・会場:同省4階第2特別会議室
○予定議題
・平成29年度における高病原性鳥インフルエンザの発生に係る疫学調査について
・その他
○検討会出席者
▽泉川康弘・香川県東部家畜保健衛生所防疫課長
▽伊藤壽啓・鳥取大学農学部共同獣医学科教授
▽内田裕子・農研機構ウイルス・疫学研究領域インフルエンザユニット長
▽金井裕・日本野鳥の会参与
▽西藤岳彦・農研機構越境性感染症研究領域長
▽白田一敏・(株)ピーピーキューシー専務取締役
▽山本健久・農研機構ウイルス・疫学研究領域疫学ユニット長
○議事概要:鳥インフルエンザに関する情報(農水省ホームページ)
○問い合わせ先:同省消費・安全局動物衛生課
○直通電話:03-3502-8292

 

(関連記事)
仏の一部 家きん肉などを輸入停止(18.02.07)
香川県 防疫対応を終了-鳥インフル(18.02.05)
豪州向け日本産柿の輸出が解禁へ(18.01.30)
香川の鳥インフル 欧州から渡り鳥で-農研機構(18.01.25)
食用卵および卵製品 台湾向け輸出を再開(18.01.10)
米国ケンタッキー州からの家きん肉等禁輸を解除(17.08.28)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ