農政 ニュース詳細

2018.02.08 
日本ファームスティ協会発足一覧へ

・農山村の活性化を促す

 日本ファームスティ協会が2月7日発足した。日本の地方を元気にしようとする全国の関係組織・団体の力を結集し、農水省が掲げる「農泊」および「ファームスティ」を支援する。会長に鳥取県の平井伸治知事が就任した。2020年までに全国で500の農泊地域の創出を目指すことなど、7日の発足の記者会見で明らかにした。

 平成29年現在、すでに全国200地域が農泊実践地域として活動しているが、それぞれの地域では、さまざまな課題が顕在化してきており、それらの課題に一元的に応える支援機能が求められていた。
 日本ファームステイ協会は、そうした課題に応えられる民間主導の全国組織として設置した。農泊・ファームステイを推進する地域の人を支援し、地域に経済効果をもたらすことを目指す。
 事業年度初年度には認証制度の確立と農泊事業と支援事業者とのマッチングサービスをメインに、定期的にシンポジウムなどを開き、会員同士の交流を進める。さらに今後は、地域づくりコンサルや人材マッチング、研修会、プロモーションイベントなども開催する。また欧州並みの市場をつくるため、農泊の品質保証制度を確立し、経営、マーケティング、施設運用など複合的な観点から、一定の品質維持と向上を図れる機会を提供する。

 

(関連記事)
農泊シンポ2.0を開催へ 農水省が全国5か所で(18.02.02)
自給率低下、生産者減に危機感-農政審企画部会(18.01.17)
齋藤 健 氏(農林水産大臣)(18.01.01)
農業経営収入保険室設置へ-農水省(17.12.26)
ASO田園空間博物館がグランプリ-ディスカバー農山漁村の宝(17.11.28)
第4回農山漁村(むら)の宝 31地区を選定-農林水産省(17.10.26)

一覧はこちら

このページの先頭へ

このページの先頭へ